版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
日本の古代豪族 発掘・研究最前線 瀧音 能之(監修) - 宝島社
..

書店員向け情報 HELP

日本の古代豪族 発掘・研究最前線 (ニホンノコダイゴウゾクハックツケンキュウサイゼンセン)

ムック
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:宝島社
A4判
厚さ7mm
重さ 340g
96ページ
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-299-03609-4   COPY
ISBN 13
9784299036094   COPY
ISBN 10h
4-299-03609-3   COPY
ISBN 10
4299036093   COPY
出版者記号
299   COPY
Cコード
C9476  
9:雑誌扱い 4:ムック・その他 76:諸芸・娯楽
雑誌コード
6667948
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年1月
書店発売日
登録日
2022年11月2日
最終更新日
2022年12月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

古代日本を知る上で、豪族の存在を無視することはできない。
なぜなら3世紀後半に成立したヤマト王権において、大王は絶対的な権力をもたず、
独自の地盤と武力を持った豪族たちの協力のもとに運営されたからである。
葛城氏、大伴氏、物部氏、蘇我氏…ヤマト王権の発展に寄与し、栄華を誇った多くの豪族は、
どのようにして権力の座につき、なぜ政権中枢から追い落とされたのか。
最新の発掘調査や研究成果とともに徹底解説する。

著者プロフィール

瀧音 能之  (タキオト ヨシユキ)  (監修

1953年生まれ。駒澤大学文学部歴史学科教授。著書・監修書に『出雲古代史論攷』(岩田書院)、『図説 出雲の神々と古代日本の謎』(青春出版社)、『古代史再検証 蘇我氏とは何か』『日本の古代史 飛鳥の謎を旅する』『完全図解 日本の古代史』『日本の古代史 ヤマト王権』『日本古代史の謎』『最新学説で読み解く 日本の古代史』(すべて宝島社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。