版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
図解即戦力 情報セキュリティの技術と対策がこれ1冊でしっかりわかる教科書 中村行宏、若尾靖和、林静香(著/文) - 技術評論社
..

図解即戦力 情報セキュリティの技術と対策がこれ1冊でしっかりわかる教科書

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:技術評論社
A5判
256ページ
定価 2,280円+税
ISBN
978-4-297-12106-8   COPY
ISBN 13
9784297121068   COPY
ISBN 10h
4-297-12106-9   COPY
ISBN 10
4297121069   COPY
出版者記号
297   COPY
 
Cコード
C0034
一般 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年3月4日
最終更新日
2021年3月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

情報セキュリティに関する基本的な知識を、キーワード形式で、イラストを使ってわかりやすく解説しています。掲載している項目は、「情報セキュリティマネジメント試験」の午前重点分野で出題される項目が中心になっています。

目次

1章 セキュリティの概念と対策の方針
01 情報セキュリティとは
02 情報セキュリティを構成する7つの要素
03 OECDセキュリティガイドライン
04 リスク
05 情報資産とは
06 脅威の種類
07 脆弱性の種類
08 人為的不正のメカニズム

2章 サイバー攻撃の手法①
09 サイバー攻撃の攻撃者
10 サイバー攻撃の手法
11 パスワードを狙った攻撃
12 マルウェア
13 スパイウェア

3章 サイバー攻撃の手法②
14 標的型攻撃
15 Webブラウザを狙った攻撃
16 サーバーを狙った攻撃①
17 サーバーを狙った攻撃②
18 乗っ取り/不正アクセス/なりすまし
19 負荷をかける攻撃
20 プログラムの脆弱性を突いた攻撃

4章 セキュリティ確保の基礎技術
21 暗号化技術の基礎
22 暗号化技術の種類
23 暗号鍵管理システム
24 ディスク/ファイルの暗号化
25 危殆化
26 利用者に対する認証技術
27 生体認証技術
28 PKI
29 デジタル証明書のしくみ

5章 情報セキュリティの管理
30 情報資産と無形資産
31 リスクマネジメント
32 情報セキュリティインシデント
33 情報資産の調査と分類
34 リスクの分析と評価
35 情報セキュリティリスクアセスメント
36 リスクコントロール
37 情報セキュリティマネジメントシステム
38 セキュリティの評価
39 セキュリティ規定と関連機関

6章 情報セキュリティ対策の基礎知識
40 内部不正防止ガイドライン
41 入口対策と出口対策
42 マルウェア/不正プログラム対策
43 ファイアウォール
44 WAF
45 プロキシサーバー
46 不正侵入検知システム
47 侵入防止システム
48 DMZ
49 ネットワーク認証/フィルタリング
50 無線通信セキュリティ
51 著作権保護
52 メール認証
53 ネットワーク管理
54 対策機器
55 物理対策

7章 セキュリティの実装に関する知識
56 セキュア・プロトコル
57 ネットワークセキュリティ
58 データベースセキュリティ
59 アプリケーションセキュリティ

著者プロフィール

中村行宏、若尾靖和、林静香  (ナカムラユキヒロ ワカオヤスカズ ハヤシシズカ)  (著/文

中村 行宏(なかむら ゆきひろ)
サイバーエデュケーション株式会社、代表取締役。SIベンダーにて、システム開発/構築、インフラを担当。その後、外資系セキュリティベンダーにて、セキュリティ診断、インシデントレスポンス、コンサルティングに従事。

若尾 靖和(わかお やすかず)
システムエンジニアとして15年活動し、主に公共・金融システムの運用保守、インフラ設計・構築を担当。現在はセキュリティエンジニアへ転職し、サイバーセキュリティに関連するサー ビスの検討・新規開発を担当。

林 静香(はやし しずか)
開発エンジニアから脆弱性診断士を経て、コンサルタント、事業会社のセキュリティ担当まで、セキュリティの現場に多様な立場で関わり、多角的な気づきを得る。現在の活動テーマはセキュリティリテラシーの浸透。

上記内容は本書刊行時のものです。