版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ユーザー中心組織論~あなたからはじめる心を動かすモノづくり~ 金子 剛(著/文) - 技術評論社
..

ユーザー中心組織論~あなたからはじめる心を動かすモノづくり~

コンピュータ
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:技術評論社
四六判
232ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-297-11997-3   COPY
ISBN 13
9784297119973   COPY
ISBN 10h
4-297-11997-8   COPY
ISBN 10
4297119978   COPY
出版者記号
297   COPY
 
Cコード
C3055
専門 単行本 電子通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年1月26日
最終更新日
2021年3月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「そのプロダクトは誰のためのものですか?」ーーこう質問したとき、モノづくりに関わるメンバーは皆同じユーザーを思い浮かべることができるでしょうか。

プロダクトやサービス開発などモノづくりをする組織では、ビジネス・テクノロジー・クリエイティブなどのさまざまなエキスパートが一同に集まります。多様なスキルを持ったメンバーが共創することで、1人の能力の限界を超える成果が得られるからです。しかし、組織の「誰のため」の視点がバラバラになった状態では、良いモノづくりはできません。

なぜなら、プロダクトやサービスの良し悪しを決める観点は人それぞれ違うため、全員が満足するモノをつくることは不可能だからです。せっかくエキスパートが集っても、視点がそろわないままでは、生み出されるのは誰の心にも響かないモノです。

この問題を回避するには「ユーザー中心な価値観」を組織に根付かせる必要があります。本書は、モノづくりに関わるメンバーの視点をユーザ中心な価値観にそろえていくための方法を解説します。ユーザ価値の解説からはじめ、ユーザ中心なモノづくりについて考えた上で、組織をどうやって動かすかを解説していきます。

本書に書かれている内容はけして難しいものではありません。明日からすぐにはじめることができます。本書が「ユーザーの心を動かすモノづくり」をしたいと願うあなたの、はじめの一歩になれたらうれしいです。

目次

1章 ユーザーと組織とあなた
2章 ユーザー価値
3章 共創する組織
4章 モノづくりのビジョン
5章 ビジネスとの統合
6章 目的に向き合うチーム
7章 学習するサイクル
8章 カルチャーを築く
9章 小さく行動をはじめる
10章 共創ムーブメント

著者プロフィール

金子 剛  (カネコ ツヨシ)  (著/文

金子剛 600株式会社 ExperienceLead 新卒でヤフー株式会社に入社、株式会社サイバーエージェントで新規事業のデザイナーとしての下積みを経て、株式会社リブセンスで開発チームのリーダーを担当。弁護士ドットコム株式会社でデザイン部を立ち上げ後、現在は無人ストア事業のスタートアップにてWEBを飛び出しハードウェアのExperienceを設計中。傍らで、多数のスタートアップの採用顧問や、新規事業立ち上げサポートを複業で行う。UXデザイナーとしての自身の経験を元に、ユーザー視点を基に、役割や所属を越境して共創するモノづくりを推進したいと共著の並木と役割を越えて本著を執筆。

並木 光太郎  (ナミキ コウタロウ)  (著/文

並木光太郎 弁護士ドットコム株式会社 企画編集部 ガイドコンテンツ責任者 法科大学院を経て弁護士ドットコム株式会社に入社。オウンドメディア「弁護士ドットコムニュース」で、時事的な話題や身近なテーマを法律的な切り口で解説する記事の執筆・編集に従事。現在は、法的トラブルに悩むユーザーのための法律ガイドコンテンツの作成を中心に、法曹業界の旬な話題など弁護士に向けた記事なども執筆。法をテーマに様々な読者層に向けたコンテンツを発信している。本書の制作に関わったことで組織(チーム)づくりに目覚める。「個」の力が重視されがちなライティングの領域で共創を生み出すにはどうすればいいのか模索中。

上記内容は本書刊行時のものです。