版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
今すぐ使えるかんたんEx Word プロ技 BESTセレクション[2019/2016/2013/365対応版] 門脇香奈子(著/文) - 技術評論社
..

今すぐ使えるかんたんEx Word プロ技 BESTセレクション[2019/2016/2013/365対応版]

発行:技術評論社
A5判
352ページ
定価 1,480円+税
ISBN
9784297114442
Cコード
C3055
専門 単行本 電子通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年5月27日
最終更新日
2020年7月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

仕事でWord文書を作成する人向けに、基本的な知識から、すぐに使えて読みやすい文書を作成できる文字入力、書式設定、ページ設定のテクニック、グラフや表、写真の挿入など見栄えをアップするテクニックなど、幅広く紹介しています。

目次

第1章 これだけは知っておきたい! Word基本のテクニック
001 Wordの画面構成を知る
002 Backstageビューの画面を知る
003 Word全体の設定画面を知る
004 タブやリボンの表示方法を変更する
005 タブやリボンの使い方を知る
006 <描画>タブを表示する
007 タブやリボンをカスタマイズする
008 ダイアログボックスを表示する
009 画面を拡大/縮小表示する
010 直前に行った操作を元に戻す/やり直す
011 最近使った文書を手早く開く
012 よく使うファイルや保存先の表示を固定する
013 よく使う機能のボタンの表示を固定する
014 タスクバーから素早くWordを起動できるようにする
015 ショートカットキーで操作する
コラム Officeにサインインする

第2章 押さえておきたい! 文字入力と選択便利テクニック
016 元々ある文字を上書きして書き換える
017 変換対象の文字列の区切りを変更する
018 間違って入力した文字を再変換する
019 よく使う記号を入力する
020 読み方がわからない漢字を入力する
021 大文字小文字、全角半角を統一する
022 RやTMなどの特殊文字を入力する
023 数式ツールで数式を入力する
024 今日の日付を手早く入力する
025 よく使う単語を登録して使う
026 よく使う署名や文章などを登録して使う
027 登録した文章を修正する
028 ファイル名や作成者の情報を自動入力する
029 常に今日の日付を自動表示する
030 ダミーの文章を入力する
031 よく使うあいさつ文を自動入力する
032 自動で入力される内容について知る
033 自動で入力される内容を指定する
034 自動で修正される内容について知る
035 自動で修正される内容を指定する
036 複数個所を同時に選択する
037 行や段落を瞬時に選択する
038 文書の一部を四角形の形で選択する
039 文字をコピーして使う
040 何度か前にコピーしたデータを貼り付ける
041 コピーしたデータの貼り付け方法を指定する
コラム 「スペース」や「変換」キー以外でも変換できる

第3章 見せたい部分を目立たせる! 書式設定即効テクニック
042 文字の大きさやフォントを変更する
043 行の高さを変えずに文字を大きく表示する
044 文字に太字などの基本的な飾りを付ける
045 文字の色を一覧以外から選ぶ
046 下線の種類や色を表示する
047 文字に傍点を付ける
048 文字に取り消し線を引く
049 上付き/下付き文字を表示する
050 文字にふりがなを振る
051 同じ単語にふりがなをまとめて振る
052 印や注のように文字を○や□で囲む
053 株式会社、キロメートルのように1文字で複数文字を表示する
054 1行に2行分の説明を割注で表示する
055 文字の輪郭に色を付ける
056 文字に影や光彩を付ける
057 文字の背景に色を付ける
058 文字や文書を枠線で囲む
059 用意されたスタイルから書式を設定する
060 新しいスタイルを登録する
061 文字は残して書式だけをクリアする
062 文字は残して書式のみをコピーする
063 ワードアートを追加する
064 ワードアートの文字を変形する
コラム 書式設定の単位を知っておこう

第4章 文章が見やすくなる! 段落書式必須テクニック
065 文字を行の右、左、中央に揃える
066 日付や場所の項目を均等に割り付ける
067 箇条書きの行頭文字を指定する
068 行頭の記号の位置を調整する
069 行頭の記号を付けずに改行する
070 箇条書きに連番を振る
071 段落番号を1から降り直す
072 段落番号を指定の番号から振り直す
073 文字の先頭位置を少し右にずらす
074 段落の左右の幅の位置を指定する
075 1行目だけ字下げする
076 2行目以降を字下げする
077 行の間隔を指定する
078 行間の位置を細かく指定する
079 段落の前後の間隔を指定する
080 文字を行の途中から揃えて入力する
081 文字の表示位置を表のように揃える
082 文字の末尾と文字の先頭位置を点線でつなぐ
083 ページの途中から文字を入力する
084 段落の途中でページがわかれないようにする
085 行頭の記号の前の半端なスペースを消す
086 1文字目を複数行にわたって大きく表示する
コラム 行と段落と段落記号

第5章 思い通りに整理する! レイアウト設定快適テクニック
087 ページの余白を変更する
088 文書の向きやサイズを変更する
089 縦書きと横書きを切り替える
090 縦書きの文書で数字を横に並べる
091 1ページあたりの文字数と行数を指定する
092 選択した範囲の文字数を知る
093 行の左端に行番号を自動表示する
094 指定した部分のみ文字数や行数を変更する
095 英単語の途中で改行できるようにする
096 行頭に「っ」「ょ」などが表示されないようにする
097 既定の文字サイズやフォントを変更する
098 ページの途中で改ページする
099 複雑なレイアウトを可能にするセクションを知る
100 用紙サイズの異なるページを追加する
101 文章を2段組みにする
102 文章の途中に2段組みの文章を入れる
103 段組みの段の間隔を変更する
104 段組みの段を線で区切る
105 段の途中で次の段に文字を表示する
106 段組みを終了するための区切りを入れる
107 既存の文章をテキストボックスに入れる
108 テキストボックスの配置を変更する
109 複数のテキストボックスに文章を流す
110 文書全体のテーマを指定する
111 配色やフォントのテーマを指定する
112 オリジナルのテーマを登録する
113 ページの色を指定する
114 ページの周囲を枠で囲む
コラム セクションの存在を理解しよう

第6章 Wordの機能を使いこなす! 長文作成時短テクニック
115 長文作成に欠かせない見出しスタイルを知る
116 見出しスタイルの書式を変更する
117 見出しの一覧を確認する
118 アウトライン表示で文書の構成を確認する
119 見出しの下の詳細内容を折りたたむ/展開する
120 見出しの順番を入れ替える
121 見出しのレベルを上げる/下げる
122 脚注の文字を入力する
123 文末に脚注を入力する
124 図や表の番号を自動的に付ける
125 指定した箇所をブックマークとして登録する
126 見出しや脚注などの参照ページを表示する
127 索引を登録する
128 索引を自動的に作成する
129 上下の余白をなくして繋げて表示する
130 指定したページや見出しに一気に移動する
131 表紙のページを自動的に作成する
132 見出しから目次を自動的に作成する
133 見出しの一覧やページ番号を目次に表示する
134 ページ番号を入れる
135 文書の総ページ数を表示する
136 表紙にページ番号を表示しない
137 任意の数からページ番号を振る
138 途中からページ番号を1から降り直す
139 ヘッダーに日付や文字を表示する
140 先頭ページのヘッダーの内容を変える
141 奇数と偶数ページでヘッダーの内容を変える
コラム ナビゲーションウィンドウを活用しよう

第7章 ここで差がつく! 画像と図形技ありテクニック
142 写真などの画像を挿入する
143 画像を拡大/縮小表示する
144 画像の飾り枠を設定する
145 画像と文字の配置を調整する
146 画像の位置をページに固定する
147 画像の色や風合いを加工する
148 画像をトリミングして一部だけを残す
149 画像の図形の形にトリミングする
150 図をリセットして元の状態に戻す
151 画像の背景を透明にする
152 画像の背景の削除部分を指定する
153 画像の背景と認識された部分を残す
154 画像を圧縮してサイズを小さくする
155 イラストのようなアイコンを追加する
156 3D画像を追加する
157 正方形や正円、45度の直線を描く
158 同じ図形を続けて書けるようにロックする
159 図形と図形を繋ぐ伸び縮みする線を引く
160 図形の色や枠線の種類を変更する
161 図形の色や飾り枠の組み合わせスタイルを変更する
162 図形に文字を入力する
163 図形内の文字の向きを変更する
164 図形の角度を指定する
165 図形を上下、左右に反転する
166 図形を変形させる
167 図形の質感などの効果を指定する
168 図形に設定した飾りを図形の既定値に登録する
169 図形を重ねる順番を変更する
170 図形を横や縦にまっすぐ移動する
171 複数の図形をきれいに並べる
172 複数の図形を描くためのキャンバスを使う
173 複数の図形をひとつのグループにまとめる
174 図形の表示/非表示を切り替える
175 隠れている図形を選択する
176 SmartArtで図を作成する
177 SmartArtの図の内容を変更する
178 SmartArtのスタイルを変更する
179 SmartArtの図の種類を変更する
コラム アイコンを図形に変換して使う

第8章 一目で伝わる! 表とグラフ演出テクニック
180 表を作成する
181 文字列を表に変換する
182 表の1行目にタイトルを入力する
183 表の線の種類を変更する
184 表のスタイルを登録する
185 表の既定のスタイルを設定する
186 行や列を移動する
187 行や列を追加/削除する
188 セルを追加/削除する
189 表全体を削除する
190 表を2つに分割する
191 表のデータを昇順や降順で並べ替える
192 表の行の高さや列の幅を調整する
193 表の行の高さや列の幅を揃える
194 文字の長さに合わせて表の大きさを調整する
195 表の項目を均等に割り付ける
196 複数のセルを結合してまとめる
197 セルを分割する
198 セルの余白を調整する
199 表の左端の項目に番号を振る
200 表の見出しの行が次のページにも表示されるようにする
201 表の数値を使って計算をする
202 Wordでグラフを作成する
203 Excelの表をコピーして貼り付ける
204 Excelのグラフを貼り付ける
205 Excelでの変更をWordに反映させる
コラム Wordの文書内でExcelを使う

第9章 ミスを事前に防ぐ! 文書校正効率UPテクニック
206 スペースやタブなどの編集記号を表示する
207 指定した文字を検索する
208 指定した文字を別の文字に置き換える
209 指定した文字を検索して赤字にする
210 コピー貼り付けをした文章の改行の記号を削除する
211 文書校正を行い間違いがないかチェックをする
212 表記のゆれをチェックして統一する
213 文書を翻訳する
214 文書内にコメントを入れる
215 コメントに返信する
216 変更履歴を残すように設定する
217 変更履歴の表示方法を変更する
218 変更箇所を確認して適用する
219 文書内の単語の意味を調べる
220 気になる箇所にマーカーを引く
221 手書きのメモや図形を追加する
222 文書の冒頭と末尾の内容を同時に確認する
223 複数の文書を並べて表示する
224 2つの文書を並べて同時にスクロールする
225 2つの文書を比較して異なる点を表示する
226 文書の一部のみ編集できるようにする
コラム 複数の人で文書を利用するときは

第10章 イメージ通りに結果を出す! 印刷と差し込み印刷攻略テクニック
227 印刷イメージを確認する
228 ページ単位や部単位で印刷する
229 用紙の中央に印刷する
230 1枚に数ページ分印刷する
231 印刷前にフィールドを自動的に更新する
232 指定したページのみ印刷する
233 文書の背景の色などを印刷する
234 透かし文字を入れて印刷する
235 印刷されない隠し文字を印刷する
236 宛先など文書の一部を差し替えて印刷するには
237 差し込み印刷用のリストを作成する
238 差し込み印刷用のリストを基に印刷をする
239 文書に差し込む項目をリストから追加する
240 差し込み印刷用のリストを編集する
241 差し込み印刷用のリストのデータを整理する
242 文書に差し込むデータを検索する
243 既存の文書にリストの項目を差し込む
コラム プリンターの設定を確認しよう

第11章 もう迷わない! はがきとラベル自由自在テクニック
244 はがきの宛名面を作成する
245 住所や氏名などが表示されない場合
246 差出人を連名に修正する
247 宛先を連名に修正する
248 宛名面の文字の位置などを修正する
249 郵便番号の位置を調整する
250 差出人のラベルを印刷する
251 宛名シールに宛名を印刷する
252 封筒に宛名を印刷する
コラム Officeの種類やバージョンを確認するには

第11章 これで安心! ファイル操作実用テクニック
253 1度も保存せずに閉じてしまった文書を開く
254 上書き保存せずに閉じてしまった文書を開く
255 文書にテキストボックスやチェックボックスを追加する
256 テンプレートを利用して新しい文書を作成する
257 オリジナルのテンプレートを作成する
258 文書をPDFファイルとして保存する
259 古い形式で保存した文書を最新バージョンに更新する
260 文書の既定の保存先を指定する
261 文書を開くのに必要なパスワードを設定する
262 文書を書き換えるのに必要なパスワードを設定する
263 文書の保存時に個人情報を自動的に削除する
264 文書を読み取り専用で開くことを推奨する
265 文書が編集されないように最終版として保存する
266 よく使う操作を記録してマクロを作成する
267 記録したマクロを実行する
268 マクロが入っている文書を保存する
269 指定した操作をショートカットキーに割り当てる
270 OneDriveの保存スペースを使う
271 文書を他の人と共有する

キーボードショートカット

著者プロフィール

門脇香奈子  (カドワキカナコ)  (著/文

情報処理関連の教育現場で企業向けの研修などを担当した後、マイクロソフトで企業向けのサポート業務を経て、現在は「チーム・モーション」でテクニカルライターとして活動中。

上記内容は本書刊行時のものです。