版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
Instagramでビジネスを変える最強の思考法 坂本翔(著/文) - 技術評論社
..

Instagramでビジネスを変える最強の思考法

発行:技術評論社
四六判
296ページ
定価 1,580円+税
ISBN
9784297106980
Cコード
C3055
専門 単行本 電子通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年6月27日
最終更新日
2019年8月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「なぜ、Instagramでモノが売れるんですか?」
その答えが、ここにあります!

◆SNS担当者必読! 最新Instagramマーケティングのノウハウをこれ1冊に集約!

◆Instagram時代に即したビジネスの思考法・考え方へアップデートできる!

◆集客の本質を理解することで、Instagramで人を集め、モノを売るための方法が見えてくる!

◆有形商品を扱う業種だけじゃない! 無形商品を扱う業種のInstagram活用法とは?

InstagramのMAU(月に一度はInstagramのアプリを開くユーザーの数)は、世界で10億以上。DAU(毎日アプリを開くユーザーの数)は、5億以上いると言われています。日本国内のMAUは3300万となっており、そのうち、男性が43%、女性が57%という割合です(2019年8月現在)。

また、ストーリーズは、日本のDAUの70%が利用する機能に成長。通常投稿と同じくらい、ストーリーズの活用も必須となってきています。このストーリーズの影響もあり、国内の月間アクティブ率は約85%に到達。これは、皆さんが毎日のように使っているLINE並みの数字です。

さらに、日本人がInstagramでハッシュタグ検索をする回数は、世界平均の約3倍とも言われています。日本では2017年に「インスタ映え」が流行語大賞になったことも相まって、Instagramが情報収集や日常生活を共有する場として、人々の生活に根付いてきていることがわかります。

このようなInstagram全盛の現在、Instagramをビジネスに活用しない手はありません。
本書は、単なるInstagramアプリの操作解説書ではなく、このInstagram時代における顧客獲得や採用など人を集めるために必要な考え方から、具体的なノウハウやテクニックについてお伝えしています。Instagramには、Instagramをビジネスに生かす上で重要となるいくつかの考え方があります。本書ではそれを、「Instagramでビジネスを変える最強の思考法」としてまとめました。

<こんな人におすすめ>
・Instagramを使った販促活動を始めたい人
・Instagramを使った販促活動を行っているが効果が出ていない人
・Instagramを使った販促活動が本当に効果があるのか疑問に感じている人

<「#インスタ思考法」で感想を募集中!>

本書を読んでいただいた方は、

「#インスタ思考法」

というハッシュタグを付けて、本書の写真や感想をInstagramに投稿してください! ハッシュタグを通じて著者のもとにも投稿が届きますので、著者の坂本翔から「いいね」や「コメント」をさせていただきます!

目次

●第1章 Instagramでビジネスを変える「基本を知る」
01 Instagramをビジネスに活用するべき、「3つの理由」
02 3種類の「投稿方法」を使い分ける
03 ユーザーの行動を「5段階」で考える
04 情報を設置して「発見」してもらう
05 フォローという「関係」でライトなつながりを作る
06 飾られていないリアルな声を「確認」する
07 まずは入口商品を「販売」する
08 「体験」を「共有」するための導線を作る
09 ハッシュタグと位置情報で「情報を拡散」させる

●第2章 Instagramでビジネスを変える「準備」をする
01 「ビジネスアカウント」に変更する
02 アカウントの「ターゲット」を明確にする
03 「見本アカウント」を選んでアカウントのテーマを決める
04 プロフィール文は「共感」と「最新情報」がポイントになる
05 プロフィールには「入口商品のURL」を記載する
06 「ハイライト」は1冊の雑誌として考える
07 プロフィール画像は「色合い」や「雰囲気」で判別してもらう

●第3章 Instagramで「見込み客」を集める方法
01 「見込み客=フォロワー」を集める4つの方法
02 フォロワーは「量」より「質」を重視する
03 お客様の来店時は「タグ付け」を活用する
04 他のSNSやウェブサイトからの「導線」を作っておく
05 現実世界の人脈は「ネームタグ」でフォローしてもらう
06 見込み客を巻き込む「Instagramキャンペーン」を開催する
07 Instagramキャンペーンの「メリットとデメリット」を知る
08 キャンペーン事例その① プレゼントキャンペーン
09 キャンペーン事例その② リアルプレゼントキャンペーン
10 キャンペーン事例その③ リグラムキャンペーン
11 キャンペーン投稿に入れるべき「文章」と「ハッシュタグ」はこれだ

●第4章 Instagramの「効果的な投稿術」を知る
01 アカウントは「投稿の積み重ね」で育成する
02 フィードの「3つの基本ルール」を理解する
03 基本ルール以外の「5つの仕組み」を知る
04 Instagram「ならでは」のフィールドルールを知る
05 投稿タイミングは「21時近辺」が鉄則
06 通常投稿は「2日に1回」が鉄則
07 ストーリーズは「1日1回以上」が鉄則
08 有形商品を扱う業種は「ショッピング機能」を導入する
09 おさえておきたい「4種類の投稿」を知る
10 通常投稿の投稿事例その① 「直接宣伝型投稿」
11 通常投稿の投稿事例その② 「間接宣伝型投稿」
12 通常投稿の投稿事例その③ 「情報提供型投稿」
13 通常投稿の投稿事例その④ 「日常型投稿」
14 ストーリーズの投稿事例その① 「直接宣伝型投稿」
15 ストーリーズの投稿事例その② 「間接宣伝型投稿」
16 ストーリーズの投稿事例その③ 「情報提供型投稿」
17 ストーリーズの投稿事例その④ 「日常型投稿」
18 IGTVでは「間接宣伝」「情報提供」を投稿する
19 「投稿スケジュール」で定期的な投稿を継続する
20 当月分の投稿は「前日末までに完成」させる
21 「ハッシュタグ」は上限の30個をフル活用する
22 投稿に付けるべき「5種類のハッシュタグ」
23 トップ表示を狙うのは「数千から数万単位」のハッシュタグ
24 投稿で「やってはいけない」8つのこと
25 「インサイト」で見るべき指標を知る

●第5章 Instagramの「効果的な撮影術」を知る
01 1枚目の画像で「世界観」を統一する
02 写真は「スクエア前提」で撮影する
03 複数画像の投稿で「滞在時間」を伸ばす
04 「人気(ひとけ)」を出すと反応が増える
05 写真撮影の基本「三分割法」を活用する
06 写真撮影時に意識するべき「8つのポイント」
07 写真の編集で「世界観を表現」する
08 ストーリーズは「縦」を最大限に生かす
09 ライブ配信では「憧れ」よりも「身近さ」を演出する

●第6章 Instagram広告で「集客を加速」させる
01 「Instagram広告」で宣伝色の強いものはNG
02 Instagram広告で知っておくべき「2つの特徴」
03 Instagram広告には「2種類の配信方法」がある
04 Facebookページは「必ず作成」する
05 画像内のテキストは「20%以下」にする
06 Instagram広告は「潜在層向け」に出稿する
07 Instagram広告で「成果を出す」ための5つのポイント
08 インフルエンサーは「エンゲージメント率」を見て依頼する

著者プロフィール

坂本翔  (サカモトショウ)  (著/文

1990年、神戸市生まれ。高校時代、バンド活動で食べていくことを決意するも、来場者が3名のイベントを経験。集客の重要性を痛感し、当時ブームだったブログを活用した集客法で、高校生ながら赤字続きだったイベントを黒字へ転換する。 士業の認知度向上などを目的に「士業×音楽=LIVE」を主催。延べ1,100名以上をSNS経由で費用をかけずに集客。23歳で兵庫県内最年少の行政書士として起業するも、この実績をきっかけにSNSコンサルティング事業を創業。 その後、25歳で出版した「Facebookを最強の営業ツールに変える本」は海外翻訳もされ、国内外でヒット。SNSマーケティングを伝えるセミナーや企業内部のSNS研修、学生向け起業講演など、年間50本以上の講演をこなす。 現在は、SNSプロモーション事業を全国に展開する株式会社ROCの代表として、中小企業から上場企業まで様々な業界のSNS施策を担当。また、SNSに詳しいITジャーナリストとして、テレビや週刊誌などメディアでも活躍している。

上記内容は本書刊行時のものです。