版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか 木村 駿(著/文) - 日経BP
..

私たちはいつまで危険な場所に住み続けるのか 自然災害が突き付けるニッポンの超難問

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:日経BP
A5判
400ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-296-11085-8   COPY
ISBN 13
9784296110858   COPY
ISBN 10h
4-296-11085-3   COPY
ISBN 10
4296110853   COPY
出版者記号
296   COPY
Cコード
C0051  
0:一般 0:単行本 51:土木
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年9月8日
最終更新日
2021年10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

気候変動で激甚化が予想される水害や土砂災害。
私たちはどこに住み、働くか。もはや災害リスクに無自覚ではいられません。
長年にわたって被災地の取材を担当してきた建築・住宅・土木分野の専門記者が「気候変動の世紀」を生き抜くための手掛かりを提供します。

■こんな人におすすめです。
建築・住宅・土木の専門家、自治体・企業の防災担当者、家づくりを考えている人、自宅や自分の土地が抱える災害リスクに関心がある人、防災分野で事業を考えているビジネスパーソンなど

■主な内容
はじめに 5メートル浸水した場所で進む住宅再建
第1章 水害事件簿
第2章 狙われた臨海部
第3章 土砂災害頻発列島
第4章 危険な土地からの撤退
第5章 耐水都市への挑戦
第6章 防災テックに商機

目次

第1章 水害事件簿
1.タワマン浸水の衝撃、都市部を蹂躙する内水氾濫
「住みたい街」が水没した夜/内水氾濫による浸水被害は10年間で21万棟/住人が特定した意外な浸水経路/他人事ではないマンションの水害対策
◎武蔵小杉の浸水対策、行政の対応は?

2.ミュージアムに濁流、市民の共有財産が水浸し
市民の財産を守れない公共建築/収蔵品水没で20億円の賠償請求/再建は災害リスクの少ない場所で
◎公共事業が白紙に、浸水リスクに住民がNO

3.バックウオーターで都市水没、外水氾濫の破壊力
複数の堤防が決壊、街の大半が水没/「ハザードマップは見たことがなかった」/水害への安全度は地形で決まる
◎堤防はこうして決壊する

4.繰り返される高齢者施設の悲劇
特別養護老人ホームで14人が死亡/繰り返される高齢者の逃げ遅れ
◎「津波並み」の流れがグループホームを襲った

5.我が家が浮いて流された!
船のように200メートル移動した?/「高気密」「ベタ基礎」は浮きやすい/省エネ対策が裏目に

6.工業団地から企業が逃げ出す
独自に防水ゲートを設置していたが/パナソニックは復旧までに2カ月以上/全国570団地に浸水リスク

7.「リスクの説明を怠った」自治体に衝撃の判決
「土地の売り主」としての市を提訴/ハザードマップだけでは説明が不十分
インタビュー:行政の水害リテラシー向上を

第2章 狙われた臨海部
1.関空水没を引き起こした高波・高潮
世界初の海上空港がまさかの孤立/高潮の「吸い上げと吹き寄せ」/大きな被害がなかったのは「たまたま」/地震リスクは認識も「想定が甘かった」/対策費もけた違いの約540億円
◎誰がインフラの防災対策費用を負担する?

2.憧れのウオーターフロントが水浸し
芦屋の高級臨海住宅街が浸水/お粗末なハザードマップ「浸水しない」は誤記/分譲などを手掛ける住宅会社の対応/防潮堤で眺望を損なわないよう工夫
◎海水が川をさかのぼって市街地へあふれる

3.高潮対策、空白の「堤外地」
コンテナが2カ月も炎上/民間事業者を巻き込む「エリア減災計画」/民間開放された高潮予報で事前の備え

第3章 土砂災害頻発列島

第4章 危険な土地からの撤退

第5章 耐水都市への挑戦
1.おざなりだった建築の耐水性能、産官学が動く
土木に治水を「丸投げ」してきた建築界/日本建築学会が重い腰を上げる/タワマン浸水を受けて国交省がガイドライン/復旧工事費の「相場」を調査
インタビュー:「防災も」街づくりという意識を 東京大学生産技術研究所教授 加藤孝明氏
インタビュー:建物の「穴」を把握し、徹底的に塞げ 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授 清家剛氏

2.浸水しても大丈夫「耐水住宅」が続々
一条工務店の「耐水害住宅」がヒット/家を「係留」しておく/被災後も自宅で生活できる/浸水対策の費用対効果は?/耐水化の「コスパ」を試算
◎床下浸水も侮れない

3.重要設備を死守、浸水対策の先進メニュー
「災害に強い病院」の耐水設計を徹底解剖/「水防ライン」を2重に設定/地階を減らし、重要設備は2階以上に/地震・水害対策の両立で「街の非常電源」を守る/容積率の緩和をインセンティブに
◎公立6374校で浸水対策が不十分

4.「首都水没」を乗り越える街づくり
目前に迫っていた首都水没/浸水しても受け流す都市/民間企業への補助制度も検討/甘くなかった「費用負担ゼロ」の高台造成/広域避難は本当に可能なのか?
◎国と都が進める「高台まちづくり」って何だ?
インタビュー:「ここにいてはダメ」の真意 東京大学大学院情報学環特任教授 片田敏孝氏

第6章 防災テックに商機
資料編 最近の水災害データ集

著者プロフィール

木村 駿  (キムラ シュン)  (著/文

日経クロステック・日経アーキテクチュア副編集長。2007年京都大学大学院工学研究科建築学専攻修了。同年に日経BP入社。建設産業のDXや災害、原発事故などの取材を担当。著書に「すごい廃炉」(18年)、「建設DX」(20年)など

真鍋 政彦  (マナベ マサヒコ)  (著/文

日経クロステック・日経コンストラクション副編集長。2004年九州大学大学院工学府都市環境システム工学専攻修了、大阪市入庁。07年に日経BP入社。災害や土木分野の取材を担当。編書に「新設コンクリート革命」(17年)、「実践版!グリーンインフラ」(20年)など

荒川 尚美  (アラカワ ナオミ)  (著/文

日経クロステック・日経アーキテクチュア記者。日本女子大学大学院住居学専攻修了。日経BPに入社し、住宅分野や自然災害の取材を担当。編著に「なぜ新耐震住宅は倒れたか」(2016年)、「100の失敗に学ぶ結露完全解決」(19年)など

上記内容は本書刊行時のものです。