版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
隈研吾建築図鑑 宮沢 洋(著/文) - 日経BP
..

隈研吾建築図鑑

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:日経BP
A5判
208ページ
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-296-10885-5   COPY
ISBN 13
9784296108855   COPY
ISBN 10h
4-296-10885-9   COPY
ISBN 10
4296108859   COPY
出版者記号
296   COPY
 
Cコード
C3052
専門 単行本 建築
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年4月14日
最終更新日
2021年4月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

国立競技場や高輪ゲートウェイ駅、角川武蔵野ミュージアムなどを次々とデザインし、時の建築家となった隈研吾氏。若いころから多作で、これまで手掛けてきた建築のジャンルは多岐にわたります。

本書では、そのうち国内で見ておくべき建築50件を抜粋。“隈建築”はどのようにして進化を遂げたのか、それぞれの面白さをキーワードで分類し、イラスト豊富な図鑑形式で紹介します。建物それぞれについては、デザイン面や技術面での専門的な解説を加えました。巻頭、巻末には隈氏本人のロングインタビューも収録。旅先のガイドブックとしても、建築実用本としても楽しめる一冊です。

■主な内容
とじ込み図解 “隈建築進化図”
はじめに・目次
インタビュー|隈研吾を変えた10の建築(前編) 「M2」がトラウマになり「埋めればいい」と考えた時期も
Part1 サービス精神表れる「びっくり系」
 M2(現・東京メモリードホール)、水/ガラス(現・ATAMI 海峯楼)、石の美術館、国立競技場など
Part2 物語に引き込む「しっとり系」
 那珂川町馬頭広重美術館、那須歴史探訪館、根津美術館、明治神宮ミュージアムなど
Part3 日常を楽しくする「ふんわり系」
 ちょっ蔵広場、アオーレ長岡、高輪ゲートウェイ駅、Snow Peak LAND STATION HAKUBAなど
Part4 外観の主張を消す「ひっそり系」
 亀老山展望台、伝統芸能伝承館「森舞台」、東京ミッドタウン サントリー美術館、GINZA KABUKIZAなど
インタビュー|隈研吾を変えた10の建築(後編) 雑誌には載らなくても「1つ足す」ことで達成感がある
隈研吾選・2021年の注目作
おわりに

目次

はじめに
本書の読み方

インタビュー|隈研吾を変えた10の建築[前編]
「M2」がトラウマになり
「埋めればいい」と考えた時期も

Part 1 サービス精神表れる[びっくり系]
1-グラビア
2-建築データ集
3-図解ページ

01 西洋建築史引用で圧倒的存在感
  M2(現・東京メモリードホール)|1991
02 「見えない建築」の発見
  水/ガラス(現・ATAMI 海峯楼)|1995
03 一品素材のフルコース
  石の美術館|2000
04 刎ね橋に土木への意欲読む
  梼原・木橋ミュージアム(雲の上のギャラリー)|2010
05 夜景も見事な“凹凸ずらし”
  浅草文化観光センター|2012
06 「地獄組み」は装飾だけにあらず
  SunnyHills at Minami-Aoyama|2013
07 雑多さ昇華した“居酒屋3部作”
  てっちゃん|2014
08 「ひもで補強」という大発明
  小松マテーレ(旧・小松精練)ファブリックラボラトリー fa-bo|2015
09 重要文化財の内部を幻想の森に
  日本橋三越本店リニューアルプロジェクト|2018
10 空に浮かぶハイテク植木鉢
  Starbucks Reserve Roastery Tokyo|2018
11 摩天楼の美学を天地逆転
  渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)|2019
12 競技場の“普通”を打破
  国立競技場|2019
13 “見返り美人”架構に見とれる
  GREENable HIRUZEN( 旧・CLT PARK HARUMI)|2019
14 村野藤吾の名作に妖艶な霞
  ホテルロイヤルクラシック大阪|2020
15 「重くて軽い」巨大岩石彫刻
  ところざわサクラタウン|2020

Part 2 物語に引き込む[しっとり系]
1-グラビア
2-建築データ集
3-図解ページ

16 必勝パターンのスギルーバー
  那珂川町馬頭広重美術館(旧・馬頭町広重美術館)|2000
17 ワラ塗りパネルを職人と開発
  那須歴史探訪館|2000
18 形を変えても「記憶」を伝える
  村井正誠記念美術館|2004
19 石ルーバーで「規模の壁」突破
  長崎県美術館|2005
20 美術通を納得させた竹の細道
  根津美術館|2009
21 「名人域」に迫る黒の演出
  COMICO ART MUSEUM YUFUIN|2017
22 あやとり状に「糸」で補強
  富岡倉庫 3号倉庫(改修)|2019
23 抑えた外観と天井のギャップ
  明治神宮ミュージアム|2019
24 町を竹でつなぐリ・ブランド
  竹田市歴史文化館・由学館|2019

Part 3 日常を楽しくする[ふんわり系]
1-グラビア
2-建築データ集
3-図解ページ

25 大谷石で編む菱形の変奏曲
  ちょっ蔵広場|2006
26 空に溶ける極細の立体格子
  プロソミュージアム・リサーチセンター|2010
27 スギパネルで内・外を反転
  アオーレ長岡|2012
28 公園へと導く巨大折り鶴
  九州芸文館|2012
29 増殖する木のウロコ
  東京大学大学院情報学環 ダイワユビキタス学術研究館|2014
30 斜めの吹き抜けにスギ板の竜
  TOYAMAキラリ|2015
31 「登ろう」感を高める三角屋根
  京王線高尾山口駅|2015
32 先端材料なのに懐かしい
  相合家具デザインラボ|2015
33 サインが高めるにぎわい感
  飯山市文化交流館 なちゅら|2015
34 技術が交配し「1本の大樹」に
  COEDA HOUSE|2017
35 “聖地”の評価高める木漏れ日
  ゆすはら雲の上の図書館|2018
36 伝統をひねった八角屋根
  日本平夢テラス|2018
37 道の駅を起点に続々と誕生
  さかい河岸レストラン茶蔵|2019
38 地元の材と伝統を復興の顔に
  陸前高田アムウェイハウスまちの縁側|2020
39 いつか見下ろしたい折り紙屋根
  高輪ゲートウェイ駅|2020
40 連続する木格子で異質をつなぐ
  新風館|2020
41 純木造よりも魅せる立体格子
  Snow Peak LAND STATION HAKUBA|2020

Part 4 外観の主張を消す[ひっそり系]
1-グラビア
2-建築データ集
3-図解ページ

42 観光客も風景に変える層状空間
  亀老山展望台|1994
43 伝統と対峙する“和のミース”
  伝統芸能伝承館「森舞台」|1996
44 黒子に徹し浴室で勝負
  銀山温泉共同浴場「しろがね湯」|2001
45 超高層になじむ“地味スゴ”外装
  東京ミッドタウン サントリー美術館|2006
46 アイヌに学んだ二重膜の家
  MEMU EARTH HOTEL(実験住宅メーム)|2011
47 旦那衆を納得させた白い滝
  GINZA KABUKIZA|2013
48 闇に浮かぶゴールドの照明
  見城亭|2019
49 積み上げた石で「擬態」
  廣澤美術館|2020
50 板状の広場に建築を隠す
  東京工業大学「 Hisao & Hiroko Taki Plaza」|2020

インタビュー|隈研吾を変えた10の建築[後編]
雑誌には載らなくても
「1つ足す」ことで達成感がある

おわりに

上記内容は本書刊行時のものです。