版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ディープラーニング活用の教科書 日本ディープラーニング協会(監修) - 日経BP
..

ディープラーニング活用の教科書

発行:日経BP
A5判
292ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784296100545
Cコード
C0033
一般 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年10月13日
最終更新日
2018年10月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-01-12 日本経済新聞  朝刊

紹介

AIは研究から実用フェーズへ――

急速に広がるディープラーニング活用の今と未来がわかる!

国内35社の事例を体系的に取り上げ、先駆者が苦労したポイントを解説



<日本ディープラーニング協会監修>

活用を検討する企業でよく生じる疑問にも答えます。

次世代の新規事業や業務改善の企画に欠かせない1冊!




インターネットに遅れること20年、ディープラーニングは、

「汎用目的技術」の1つとして、あらゆる産業を変えていくとみられています。

汎用目的技術とは、古くは動物の家畜化、車輪、印刷の発明から、鉄道、電気、

自動車、インターネットまで「原理は単純で汎用的でさまざまなことに利用できる」

技術のことをいいます。



本書は、ディープラーニングが与えるインパクトを事例を基に解説します。

第1章では、東京大学大学院工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏が描く「ディープラーニングをベースにしたAIの技術的発展」(ロードマップ)を解説。

第2~5章ではこのロードマップを基に国内の先進事例を分類して紹介していきます。

カツ丼の盛り付けを判定、泳ぐマグロの数を数える、クリーニング衣類を判別、文章の校閲、河川の護岸の傷判定、送電線の異常検知、道路下の空洞を探る、タクシーの乗客数予測、テレビCMの効果を予測、お弁当の盛り付け、重機で自動掘削、白黒映像の色付け、仮想アイドル画像の生成、プロ並みアナウンサー、人の話し方をまねる……続々登場する、こうしたディープラーニングの驚異の活用法が分かります。

目次

第1章 ディープラーニングの発展予測

第2章 [Step1] 人の「眼」となり単純作業から解放する

第3章 [Step2] 「五感」を担い行動予測や異常検知を実現

第4章 [Step3] 現実社会に柔軟に対応 「ロボット」「自動運転」の時代

第5章 「創作」業務へも広がる活用範囲

第6章 ビジネス活用Q&A

    ──向く分野/向かない分野、データ、人材、投資などの悩みに回答

著者プロフィール

日経クロストレンド  (ニッケイクロストレンド)  (編集

新市場を創る人のデジタル戦略メディア。企業の新規事業開発、マーケティング関連業務を手掛ける方へ向けて、消費/マーケティング、経営/イノベーション、データ/テクノロジー、中国/米国、スキルアップ分野の実務に役立つ情報を日々届ける。

上記内容は本書刊行時のものです。