版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
やはり義経はチンギス・ハーンだった 田中 英道(著/文) - 文芸社
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

やはり義経はチンギス・ハーンだった (ヤハリヨシツネハチンギスハーンダッタ) フォルモロジーからの再検証

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:文芸社
46
縦188mm 横128mm 厚さ15mm
212ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-286-24482-2   COPY
ISBN 13
9784286244822   COPY
ISBN 10h
4-286-24482-2   COPY
ISBN 10
4286244822   COPY
出版者記号
286   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年9月15日
書店発売日
登録日
2023年8月2日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

秦氏ユダヤ人・義経はなぜユーラシア大陸を支配できたか? 義経は同化ユダヤ人としての国際感覚を生かしてモンゴル帝国をつくった――。戦後の自虐史観の中で封殺された「義経=チンギス・ハン」説をフォルモロジー(形象学)で読み解く。『日本にやって来たユダヤ人の古代史』(3刷)で古代ユダヤ人来訪説をめぐる新解釈を示した著者が、義経=チンギス・ハンの真相に迫る。

著者プロフィール

田中 英道  (タナカ ヒデミチ)  (著/文

1942年東京生まれ。東京大学文学部仏文科、美術史学科卒。ストラスブール大学に留学しドクトラ(博士号)取得。文学博士。東北大学名誉教授。フランス、イタリア美術史研究の第一人者として活躍する一方、日本美術の世界的価値に着目し、精力的な研究を展開している。また日本独自の文化・歴史の重要性を提唱し、日本国史学会の代表を務める。著書に『日本美術全史』(講談社)、『日本の歴史 本当は何がすごいのか』『日本の文化 本当は何がすごいのか』『世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』『世界文化遺産から読み解く世界史』『日本の宗教 本当は何がすごいのか』『日本の戦争 何が真実なのか』『聖徳太子 本当は何がすごいのか』『ユダヤ人埴輪があった!』『新 日本古代史』『決定版 神武天皇の真実』『聖徳太子は暗殺された ユダヤ系蘇我氏の挫折』(以上、扶桑社)、『京都はユダヤ人秦氏がつくった』、『日本神話と同化ユダヤ人』『「国譲り神話」の真実』『荒ぶる神、スサノオ』(以上、勉誠出版)、『虚構の戦後レジーム』(啓文社書房)、『日本にやって来たユダヤ人の古代史』(文芸社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。