版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
生誕250年 ベートーヴェン《第九》すみからすみまで 音楽の友(編集) - 株式会社音楽之友社
.
ONTOMO MOOK

生誕250年 ベートーヴェン《第九》すみからすみまで 演奏家が語る大いなる音楽世界遺産

B5判
160ページ
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-276-96313-9
Cコード
C9473
雑誌扱い ムック・その他 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年8月24日
最終更新日
2020年9月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2020年12月、ベートーヴェンは250歳。《第九》シーズンと重なることから〝ベートーヴェン・イヤー〟のハイライトとなろう。
本企画は既刊、ONTOMO MOOK「ベートーヴェンの交響曲&協奏曲」(2019年12月)、「ベートーヴェン 32のピアノ・ソナタ」(2020年4月)に続く楽聖生誕250年記念MOOKの第3弾である。
全4章立て。[第1章]では「音楽の友」「レコード芸術」に掲載された指揮者、歌手、オーケストラ団員がそれぞれに語る《第九》論、《第九》の魅力をまとめて紹介する。[第2章]は「第九物語」として、《第九》の成立過程、初演とその後、日本における受容史などを詳しく見ていく。[第3章]では、管弦楽と声楽から成る《第九》という作品に様々な角度から光をあて、分析、解剖する。[第4章]では、古今東西の《第九》の名盤とその名指揮者たちを紹介する。「巻末」には本書をより深く理解する一助として、ベートーヴェンの生涯と《第九》に絡む出来事を年表にして掲載する。

目次

[主要目次(予定)]

■[第1章]演奏家が語る《第九》の魅力
(インタヴュー)ズービン・メータ・小林研一郎・本名徹次・朝比奈隆・田中信昭/他
(復刻対談)山本直純×石丸 寛~古き佳き時代の《第九》論
(コメント集)私の《第九》――国内オーケストラ団員が語る《第九》

■[第2章]《第九》物語

■[第3章]《第九》徹底分析

■[第4章]《第九》の名盤を聴く

[巻末]《第九》関連年譜

上記内容は本書刊行時のものです。