版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
これならできる特選スピーカーユニット 2019年版マークオーディオ編 stereo(編集) - 株式会社音楽之友社
.
ONTOMO MOOK

これならできる特選スピーカーユニット 2019年版マークオーディオ編 特別付録:マークオーディオ製8cmフルレンジ・スピーカーユニット

B5判
24ページ
価格 5,990円+税
ISBN
978-4-276-96294-1
Cコード
C9473
雑誌扱い ムック・その他 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫僅少
書店発売日
登録日
2019年6月5日
最終更新日
2019年8月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

今回の付録ユニットは、大反響をよんだ2018年の付録ユニットの強化版です。昨年同様のマークオーディオ製で、同社の設計理念である「入力信号に正確に追従するドライバー」に基づいて進化させたものです。マグネットを1枚追加して2枚重ねにすることで駆動力を上げ、またダンパーをハイコンプライアンス化して振動板の動きをさらに良くしました。それは低域再生帯域をのばす効果もあります。外観からわかるのは、センターキャップ形状の変更です。これはボイスコイルボビンとの取付けを強固にするためで、ボビンの剛性アップにもつながり高域再生能力を上げる効果があります。振動板の色がガンメタとなって見ための精悍さも増した2019年付録ユニットは、付録とは思えない“攻めた”設計で、2018年版よりレンジが拡がり、より反応の良いユニットになりました。

目次

1.マークオーディオ代表、マーク・フェンロン氏が語る同社のユニットが目指す音、そして付録ユニットの2018年版からの改善点とその効果
2.stereo誌お馴染みのスピーカー工作の匠である石田善之氏、生形三郎氏らによるエンクロージュア作例の紹介
3.マークオーディオの音を検証する~マークオーディオ製最新市販ユニットを聴く
ほか
※以上の内容やタイトルは変更の可能性があります

上記内容は本書刊行時のものです。