版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
羽高 有田 正広(作曲) - 株式会社音楽之友社
.

書店員向け情報

現代日本の音楽

羽高 フルートのための

このエントリーをはてなブックマークに追加
A4判
12ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-276-92262-4   COPY
ISBN 13
9784276922624   COPY
ISBN 10h
4-276-92262-3   COPY
ISBN 10
4276922623   COPY
出版者記号
276   COPY
Cコード
C1073
教養 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年6月16日
最終更新日
2021年6月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

作曲者が敬愛する陶芸家・中里隆の創作風景を音で綴った作品で、同氏に捧げられている。2013年に同氏の個展会場で即興演奏され、2020年に楽譜として定位された。
タイトルの「羽高(うこう)」は唐津市見借の山中に在る同氏の山房「羽高山房」による。山房の名付け親である美術家・建築家の中川一政が、上半身裸で作陶する同氏の姿から「裸=はだか=羽高」と着想した。
作品は、山房が建つ大自然の中で、茶色い土が捏ねられ、窯の焔で焼かれ、美しい焼物として眼前に現れる過程を描写する。中里が愛するBACHを音名として随所に織り込み、作曲者が「茶色の音」のイメージを抱く変ロ音で終わる。
フルートの特殊奏法をふんだんに用いるが、それらは決して楽器や奏者に無理を強いるものではなく、作品の中でごく自然に表現の可能性をのびやかに引き出すもの。フルート界の新たなレパートリーとして、奏者にも聴衆にも広く受け容れられ得る一作。

目次

[曲目]
有田正広 羽高 フルートのための(2013/2020)

著者プロフィール

有田 正広  (アリタ マサヒロ)  (作曲

75年ブルージュ国際古楽コンクール第1位。これまでにブリュッヘン、クイケン兄弟、ピノック、ポジャーら内外の名手と共演、日本を代表するフルーティストとして活躍するほか、研究者としても国際的な評価を得ている。クラシカル・プレイヤーズ東京を中心に指揮者としても活躍。アルヒーフ、DENONアリアーレよりCDリリース多数。第21回サントリー音楽賞受賞。現在、桐朋学園大学特任教授。

上記内容は本書刊行時のものです。