版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
伝記 オリヴィエ・メシアン(下) ピーター・ヒル(著/文) - 株式会社音楽之友社
.

伝記 オリヴィエ・メシアン(下) 音楽に生きた信仰者

A5判
336ページ
上製
価格 6,000円+税
ISBN
978-4-276-22602-9
Cコード
C1073
教養 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年9月11日
最終更新日
2020年10月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

20世紀フランスを代表する作曲家、オリヴィエ・メシアン(1908–92)の伝記。ロリオ=メシアン夫人が生前に管理していた膨大な資料をもとに、これまで公式発言の奥に隠れて見えなかった人間メシアンの真実に迫る。東京音楽大学教授・現代フランス音楽研究の第一人者の藤田茂が、読みやすい文章で訳した。メシアンのプライベート写真や手稿譜などの貴重な資料を上下巻で合計約200点掲載。下巻では、50代はじめから83歳で亡くなるまでが描かれる。いまや国家的な作曲家となったメシアンが、いかにして社会的な栄誉の向こうに創作の孤独を守ろうとしたのか。そして、畢生の大作となったオペラ《アッシジの聖フランチェスコ》の後に、いかなる危機をくぐり抜けて、この世の先を見つめるようになったのか。神の愛にとどまりつづけた人間の人生のドキュメントがここにある。作品目録・参考文献・索引つき。

目次

(下巻)
第8章 公生活の困難と私生活の幸福 1959年~1963年
第9章 フランスを代表する作曲家? 1964年~1969年
第10章 大自然の素晴らしさ 1970年~1974年
第11章 「メシアンさん、オペラをお願いします」 1975年~1978年
第12章 「オペラ座の修道士メシアン」 一九七九年~一九八三年
第13章 取り戻されたインスピレーション 一九八四年~一九八七年
第14章 彼岸を照らす閃光 一九八八年~一九九二年
おわりに メシアンの音楽思想
参考文献
作品目録
索引

著者プロフィール

ピーター・ヒル  (ピーター ヒル)  (著/文

イギリスを代表するピアニスト・音楽学者。彼のメシアンのピアノ作品の録音は高く評価されている。その他、バッハ、ラフマニノフ、ストラヴィンスキー、ラヴェル、武満等の作品も録音。メシアンとストラヴィンスキーについての複数の著作に続き、現在、平均律クラヴィーア曲集論を準備中。世界中でレクチャーやマスター・クラスを開催し、現在、マンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージック客員教授。

ナイジェル・シメオネ  (ナイジェル シメオネ)  (著/文

1956年ロンドン生まれ。マンチェスター大学に学ぶ。高校教師を務めた後、ノッティンガム大学、バンガー大学等で教鞭を取り、2010年からはフリーランスの音楽学者。20世紀音楽を中心に研究し、オリヴィエ・メシアン等の作曲家や、チャールズ・マッケラス等の指揮者に関する書籍を出版。BBCラジオに定期出演、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウス等で講演。雑誌「オペラ」のほか、ユニヴァーサル・クラシックス等名門レーベルに多数寄稿。

藤田 茂  (フジタ シゲル)  (

フランス政府給費留学生としてソルボンヌ大学に学んだあと、東京芸術大学で博士号を取得。主な研究領域は19世紀・20世紀のフランス語圏の音楽史と、そこで生まれた音楽の理論構築。東京芸術大学、明治学院大学、武蔵野音楽大学、ブリュッセル王立音楽院等で講師をつとめる。現在、東京音楽大学教授。メシアン論・デュティユー論をはじめとする専門的な論文のほか、国内外のオーケストラ公演の曲目解説を定期的に寄稿している。

上記内容は本書刊行時のものです。