版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
〈無調〉の誕生 柿沼 敏江(著/文) - 株式会社音楽之友社
.

〈無調〉の誕生 ドミナントなき時代の音楽のゆくえ

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
336ページ
価格 3,800円+税
ISBN
978-4-276-13205-4   COPY
ISBN 13
9784276132054   COPY
ISBN 10h
4-276-13205-3   COPY
ISBN 10
4276132053   COPY
出版者記号
276   COPY
 
Cコード
C1073
教養 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年11月22日
最終更新日
2020年1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-02-20 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 栗原裕一郎(評論家)

紹介

「現代音楽」とセットで語られることの多い「無調」は実在したのか? 「無調」という言葉に作曲家や音楽評論家は何を託そうとしたのか? 古典的な調性システムから離れた音楽は、時間軸をどこに求めたのか? 「調性の崩壊」という言葉でくくられがちな20世紀以降の音楽に本当は何が起こったのか? 音の縦の関係性、すなわちピッチと和声、音階や旋法に関連する問題を中心に、音楽史の再考を迫る画期的な論考。書き下ろし。「調性がなく、ひたすら難解で、聴くと頭が痛くなる音楽が現代音楽だ」と思い込んでいる人にこそお勧めです!

目次

プロローグ――ドミナントなき時代

第一章 「無調」とは何だったのか
無調という語/無調とは?

第二章 シェーンベルクを読み直す
『シェーンベルクの誤り』/シェーンベルクの信念/単一調性(モノトナリティ)/調性とジェンダー/ゲーテの原植物

第三章 無調と調性の間
浮かび上がる調性/一二音音楽における調性

第四章 無調と調性の修辞学
非芸術~狂気/調性の死/不気味/自由・解放/無調と革命/誠実さと倫理

第五章 クルシェネクの「転向」(無調の政治学1)
政治的芸術/《カール五世》への道/アドルノとの往復書簡/《カール五世》と一二音技法/独自の一二音技法/一二音技法と調性/ローテーションと旋法/避難所としての一二音技法

第六章 もうひとつのダルムシュタット(無調の政治学2)
前衛音楽批判/結節点としてのゼロ時/ヘルマン・ハイスと一二音技法/ヘルベルト・アイメルトと無調音楽/ゴリシェフ、フーイファールツとセリアリズム/創られたウェーベルン像

インテルメッツォ――ニコラス・ナボコフと「無調」

第七章 隠れた水脈――八音音階という魔術
半音階と全音階の狭間/全音音階/オクタトニック(八音音階)/媒介する音階/オクタトニックと半音階/移高の限られた旋法/オクタトニックと日本の現代音楽/オクタトニックとスペクトル、ポスト・スペクトル楽派/オクタトニックと実験音楽、ジャズ

第八章 調性の回路
調性批判――シベリウス問題/人々のための現代音楽――ハンス・アイスラー/軽いクラシック(あるいはダダとしての調性)――クルト・シュヴェルツィク/「ポスト」の美学(あるいは追伸としての音楽)――ヴァレティン・シルヴェストロフ

第九章 音律と倍音がつくる世界
一二平均律からの逸脱――三分音と四分音/純正律にもとづく調性――田中正平、ハリー・パーチ/倍音への眼差し――シュトックハウゼンとリゲティ/スペクトル音楽と「無調」/倍音の広がり――テニー、ラドゥレスクほか

第十章 時間の軌道
時間軸をつくるもの/物語の痕跡――シェーンベルク、ペンデレツキ/エピソード的な時間――サティ、ストラヴィンスキー、フェルドマン/時間の幾何学――セリアリズムとスペクトル音楽/循環する時間――パッサカリアと平方根リズム構造

エピローグ――中心のない現代

あとがき

参考文献

著者プロフィール

柿沼 敏江  (カキヌマ トシエ)  (著/文

カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。ハリー・パーチの研究で博士号取得。著書:『アメリカ実験音楽は民族音楽だった』(フィルムアート社)。主要訳書:ジョン・ケージ『サイレンス』(水声社)、『アラン・ローマックス選集』(みすず書房)、アレックス・ロス『20世紀を語る音楽』(みすず書房、ミュージック・ペン・クラブ賞)、同『これを聴け』(みすず書房)など。2019年3月まで京都市立芸術大学音楽学部教授。現在、京都市立芸術大学名誉教授。

上記内容は本書刊行時のものです。