版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
小作農民の歴史社会学 細谷昂(著/文) - 御茶の水書房
..

小作農民の歴史社会学

A5判
262ページ
定価 6,500円+税
ISBN
9784275021144
Cコード
C3036
専門 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年9月
書店発売日
登録日
2019年8月26日
最終更新日
2019年8月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

山形県庄内地方のある小作農民の日記を取り上げ、彼の働きと日常生活、そこに含まれる彼の思いや行動をかいま見る。日記の著者は、阿部太一、住所は山形県西田川郡大泉村大字白山林(通称白山、現鶴岡市)である。この辺りは、山形県でも独自の地域で、一般に「庄内地方」と呼ばれている。かつての庄内藩領である。時間的には、日中戦争から敗戦を含む時期で、豊かな自作農からすべての所有地を失って小作農に転落するという人生の激変を経験している。その間の赤裸々な記録がこの日記である。

著者プロフィール

細谷昂  (ホソヤタカシ)  (著/文

1934年生まれ 1962年東北大学大学院文学研究科博士課程(単位取得)退学 1998年東北大学定年退職 2005年岩手県立大学定年退職

上記内容は本書刊行時のものです。