版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
組込みソフトの安全設計 杉山 肇(著/文) - オーム社
..

組込みソフトの安全設計 基礎から二足歩行ロボットによる実践まで

発行:オーム社
B5変型判
272ページ
定価 3,200円+税
ISBN
9784274223747
Cコード
C3055
専門 単行本 電子通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年4月11日
最終更新日
2019年4月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

安全性を組込みソフトウェアの設計に盛り込む方法を、基礎から二足歩行ロボットによる実践まで具体的に解説!
 本書は、組込みシステムのソフトウェア設計における安全性の確保(セーフティ・バイ・デザイン)を、OSを用いないワンチップマイコンのソフトウェアで具体的に解説する書籍です。
 コンピュータ搭載機器の機能安全を規定した基本となる規格として、IEC 61508(JIS C 0508)があります。また、ソフトウェアに関して、医療機器ではIEC62304(JIS T 2304)、自動車ではISO26262があり、家電製品や生活支援ロボットなどその他の分野でも、ソフトウェアに関する安全性の規格が整備されつつあります。すなわち、ソフトウェアの設計者にとって、これらの規格を正しく理解して、個々の製品の仕様にきちんと落とし込んでいくことが現在では必須となっています。
 しかし、規格というものはあらゆるケースを想定するがゆえに、一般的に表現が非常に抽象的で、個々の具体的な場合の取り組みの方法がわかりづらいものです。
 本書ではIEC62304の考え方を参考に、ワンチップマイコンのソフトウェアの設計で安全性を確保していく方法を、おもちゃの二足歩行のロボットを例として具体的に解説していきます。
 これからの組込みシステムのソフトウェア設計者にとって、必読の書籍です。

上記内容は本書刊行時のものです。