版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
この国の不寛容の果てに 雨宮 処凛(編集) - 大月書店
..

書店員向け情報 HELP

この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:大月書店
四六判
272ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-272-33097-3   COPY
ISBN 13
9784272330973   COPY
ISBN 10h
4-272-33097-7   COPY
ISBN 10
4272330977   COPY
出版者記号
272   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年7月25日
最終更新日
2019年8月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-06-06 朝日新聞  朝刊
評者: 星野智幸(作家)
2019-11-02 朝日新聞  朝刊
評者: 本田由紀(東京大学教授・教育社会学)
MORE
LESS

紹介

「生産性」「自己責任」「迷惑」「一人で死ね」……刺々しい言葉に溢れたこの国で、男は19人の障害者を殺害した。「莫大な借金をかかえた日本に、障害者を養う余裕はない」との理由で。沈みゆく社会で、それでも「殺すな」と叫ぶ7人の対話集。

目次

序章 私自身の「内なる植松」との対話(雨宮処凛)

1章 植松被告は私に「いつまで息子を生かしておくのですか」と尋ねた 神戸金史×雨宮処凛

2章 「生産性」よりも「必要性」を胸を張って語ろう 熊谷晋一郎×雨宮処凛

3章 命を語るときこそ、ファクト重視で冷静な議論を 岩永直子×雨宮処凛

4章 ロスジェネ世代に強いられた「生存のための闘争」の物語 杉田俊介×雨宮処凛

5章 みんなで我慢するのをやめて、ただ対話すればいい 森川すいめい×雨宮処凛

6章 植松被告がもしも「べてるの家」につながっていたら 向谷地生良×雨宮処凛

著者プロフィール

雨宮 処凛  (アマミヤ カリン)  (編集

作家・活動家。1975年北海道生まれ。愛国パンクバンドなどを経て、自伝的エッセイ『生き地獄天国』で作家デビュー。2007年『生きさせろ! 難民化する若者たち』でJCJ賞受賞。格差・貧困問題に取り組み、生きづらさや自己責任論に対抗する発言・執筆活動を続ける。反貧困ネットワーク世話人、週刊金曜日編集委員。共著に『1995年 未了の問題圏』(大月書店、2008年)。

上記内容は本書刊行時のものです。