版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
コロナ時代を生きるヒント 鎌田實(著/文) - 潮出版社
..

コロナ時代を生きるヒント

発行:潮出版社
四六判
208ページ
定価 1,300円+税
ISBN
9784267022531
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年5月22日
最終更新日
2020年6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「どんなにたくさんの『死』に関わっても、死には疑問が残る」――
そう語る著者は、医師として多くの人を看取ってきた。
人には必ず「死」が訪れる。にもかかわらず現代人は「死」を語ることを忌み嫌い、向き合うことを避けようとする。そして自らの「死」について、自己決定しないがゆえに、望まない延命治療や残酷な最期を迎えてしまう。

果たして「死」は怖いものなのか。

自ら末期がんを患った緩和ケア医、「あの世」について研究している大学教授、死者と通じ合うユタやノロ、死と隣り合わせだった東北被災地の人々。そしてコロナ禍が突き付けた厳しい現実――。
 豊かな「死」を取り戻すために奮闘する人々との対話を通じて、著者がたどり着いた「死」の実像とは。

カマタ流の温かくて柔らかい「人生の終(しま)い方」!

目次

第1章 豊かな「死」とはなにか
「死」のそばに立つ仕事
「死」は日常のなかにあっていい
医師として、患者として
第2章 此岸と彼岸を分けるもの
亡き人への手紙
魂の存在を信じるか
「生」と「死」の間にあるもの
第3章 「死」の受容
暮らしのなかの看取り
「死」に向き合い、「生」を過ごす
繰り返し思い出し、偲び、語る
被災地の“幽霊”が教えてくれたこと
第4章 コロナ時代を生きるヒント
免疫の力
自己決定する「ニューノーマル」が始まった

著者プロフィール

鎌田實  (カマタミノル)  (著/文

1948 年生まれ。諏訪中央病院名誉院長。世界の紛争地域等への医療支援を積極的に行っている。地域と一体になった医療や食生活の改善・健康への意識改革を普及させる活動に携わる。

上記内容は本書刊行時のものです。