版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
麻雀技術 守備の教科書 振り込まない打ち方 井出 洋介(著/文) - 池田書店
..

麻雀技術 守備の教科書 振り込まない打ち方

発行:池田書店
四六判
208ページ
定価 1,200円+税
ISBN
9784262108292
Cコード
C2076
実用 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年9月10日
最終更新日
2019年10月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

打ち筋が正反対の二人だから導き出すことができた
「全プレーヤー必須の知識」

“じっくり手役型”井出洋介と、“スピード型”小林剛
二人の守備の名人が、基本から丁寧に解説しました。

【この本の特徴】
・麻雀の第一人者井出洋介と、Mリーグ出場のトッププロ小林剛の共著!
・リーチされたら?食い仕掛けされたら? 振り込まない方法を解説!
・「捨て牌読み」「ベタオリ」の技術がわかる!
・「守備を見据えた攻め」「押し引き」もわかる!
・弱気になって守るのではなく、勝つための「守る勇気」を身につけることができる。

今回の『麻雀技術 守備の教科書 振り込まない打ち方』は
前作の『麻雀技術の教科書 効率的なアガリ方』の続編で、
前作と同じように井出洋介プロとの共著となっています。

普段から打ち方のタイプがかなり違う私と井出プロですが、
この両者が納得して出した内容だからこそ、かえって説得力があると思っています。
私ひとりではこれほどの内容には仕上がらなかったでしょう。



麻雀戦術書の第一人者とも言える井出プロと
共同で作業をしていると学ぶところが多く、
あらためて自分の知識の再確認をすることができました。

この本を読み込んでしっかりと内容を身につけてもらえれば、
不要な失点を防げるようになることは間違いありません。
ただ、麻雀はオリているだけで勝てるゲームではありません。

大事なのは失点を防ぎつつ得点を増やすというメリハリであり、
この本に書いてあることだけを意識して「あれは怖い。これも怖い」と
ばかり言っていてはいけないのです。

 どうしてもアガりたい手牌がきたら、守備など考える必要はありません。
まっすぐアガリに向かいましょう。
ただ、どうしても安全にいきたい局面がきたときは、
この本の知識を総動員して相手の手牌を想像し、
失点を防ぐ最善の努力をしてください。
「はじめに(小林剛)」より

目次

第1章 守備のための基礎知識
→麻雀は、攻めだけじゃ勝てない。まずは基礎知識を身につけよう。
第2章 ベタオリのテクニック
→ベタオリも立派な作戦のひとつ。中途半端なオリにしない心構えと方法。
第3章 読みのポイント
→読みといっても難しく考えないが大切。基礎知識をもとに卓上の情報を整理してみよう。
第4章 リーチへの対応
→「タイミング」「捨て牌」「宣言牌」。テンパイ情報をもとに振り込まない方法を考えよう。
第5章 鳴きへの対応
→相手が何を狙っているかを読み取って、しっかりアタリ牌をオサえる技術。
第6章 押し引き・手組みのポイント
→「攻めるか守るかの判断」「守備を見据えた攻め」。勝ちにつながる守備の知識。

著者プロフィール

井出 洋介  (イデ ヨウスケ)  (著/文

1956年生まれ。東京大学文学部社会学科卒業。卒論は「麻雀の社会学」。 第16期名人位獲得以来、17・18・20・25期と名人位通算5期。第19期最高位、 第28期王座、第15期将王、第2・4・12回王貞治杯ビッグワンカップ優勝などプロ競技者として活躍するかたわら、日本健康麻将協会の創設者として麻雀普及とイメージアップ活動に尽力。 現在は麻将連合のGMとして競技プロ育成にも力を入れている。

小林 剛  (コバヤシ ゴウ)  (著/文

1976年2月12日生まれ。東京理科大学時代、競技麻雀に目覚める。 麻将連合所属。MリーグU-NEXTパイレーツにドラフト1位で指名され活躍中。 麻雀におけるツキや流れなどの曖昧な理論を嫌い、反オカルトを掲げている。 主なタイトルに第3・7・9期将王、第3回野口賞、 第1・2期天鳳名人位、RTDリーグ2018優勝などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。