版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
しぶとい十人の本屋 辻山良雄(著/文) - 朝日出版社
..
詳細画像 0
【利用不可】

しぶとい十人の本屋 (シブトイジュウニンノホンヤ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:朝日出版社
四六判
360ページ
定価 2,100円+税
ISBN
978-4-255-01367-1   COPY
ISBN 13
9784255013671   COPY
ISBN 10h
4-255-01367-5   COPY
ISBN 10
4255013675   COPY
出版者記号
255   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年6月4日
書店発売日
登録日
2024年5月9日
最終更新日
2024年7月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-07-07 産經新聞  朝刊
2024-07-06 朝日新聞  朝刊
評者: 鈴木成一
2024-06-22 毎日新聞  朝刊
評者: 花田菜々子(書店員)
MORE
LESS

紹介

【メディアで紹介続々! 】
◆『毎日新聞』花田菜々子さん評「話題の本」(2024年6月22日)
「自分らしく生きるための仕事をしたいと考えるすべての人に、絶対に読んでほしい一冊だ」
◆『北海道新聞』読書ナビ(2024年6月23日)
「書店主たちの言葉を読むと、本というものがコンテンツを伝えるツール以上の魅力を秘めていることをあらためて感じる」
◆『文學界』木村衣有子さん評(2024年8月号)
「個人店全てに通ずる、小商いを続けるために必要な心意気が、辻山さんが聞き取った話、そして、旅の道すがらに自身が綴る文章のそこここにちりばめられている」


「その人オリジナルの仕事をつくり上げている人たちですから、話には自然と思想や哲学のようなものが含まれます。だからわたしはこの本で、彼らの声を一本の糸のように縒り合わせるだけでよかった」

荻窪に新刊書店「Title」を開いて8年。ふと自分の仕事がわからなくなり、全国にいる仲間のもとを訪ねると、消費されず、健やかに生きるヒントが見えてきた――。
読み終えるころにはきっと元気がでる、少し偏屈、でも愛すべき本屋を訪ねる旅。


「いまは、都会も田舎もそうなんだけど、コミュニケーションを欲している人たちに溢れている。本屋はそういう人たちの受け皿になれるんじゃないかなという思いでやっています」……高久書店 高木久直さん

「合理的であるほどスマートでカッコいいというイメージをみんなが持っている。しかしそれによって自分が職を失ったり、仕事からやりがいがなくなるということについてはみな無自覚ですよね」……誠光社 堀部篤史さん

「俺は“東京に色目を使う新潟”というのがよくわからなくて、あるときから東京の反対を向いたんです」……北書店 佐藤雄一さん

目次

はじめに
1 気がつけば、自分の仕事がわからなくなっていた
2 もう生活そのものがどっぷりと本屋/走る本屋さん 高久書店・高木久直さん
3 自分の椅子を見つけた人/市場の古本屋ウララ・宇田智子さん
4 ほっとけないみのるさん/長谷川書店・長谷川 稔さん
コラム・旅の合間に1
5 「あまのじゃく」の真意/誠光社・堀部篤史さん
6 ふたりの、独立という旗/ON READING・黒田義隆さん、杏子さん
7 本の未来が長野にあった?/ブック・コーディネーター・内沼晋太郎さん
コラム・旅の合間に2
8 「鈍」で「素人」な四十三年/定有堂書店・奈良敏行さん
コラム・旅の合間に3
9 生きるかなしみ―そしてよろこび/北書店・佐藤雄一さん
おわりに

著者プロフィール

辻山良雄  (ツジヤマヨシオ)  (著/文

辻山良雄(つじやま・よしお)
Title 店主。1972 年、兵庫県生まれ。大手書店チェーン「リブロ」勤務を経て、2016 年1 月、東京・荻窪に新刊書店「Title」を開業。
著書に『本屋、はじめました』(苦楽堂、ちくま文庫)、『365日のほん』(河出書房新社)、『小さな声、光る棚 新刊書店Title の日常』(幻冬舎)、nakaban との共著に『ことばの生まれる景色』(ナナロク社)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。