版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
反事実と因果推論 S. L. Morgan(原著) - 朝倉書店
..
詳細画像 0
【利用不可】

反事実と因果推論 (ハンジジツトインガスイロン)

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:朝倉書店
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ30mm
重さ 672g
528ページ
定価 7,200円+税
ISBN
978-4-254-12269-5   COPY
ISBN 13
9784254122695   COPY
ISBN 10h
4-254-12269-1   COPY
ISBN 10
4254122691   COPY
出版者記号
254   COPY
Cコード
C3041  
3:専門 0:単行本 41:数学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年2月1日
書店発売日
登録日
2022年8月9日
最終更新日
2024年1月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

S. Morgan and C. Winship: Counterfactuals and Causal Inference: Methods And Principles For Social Research, Second Editionの全訳。
社会科学者の手による、実証研究にいかすための因果推論の入門書。読者対象は学生から実務家・研究者まで。
平易な記述と、政治・経済・教育・保健科学などさまざまな分野の多数の事例紹介が魅力。
Pearl流の因果グラフと、Rubin流の潜在反応モデルの両方を1冊で学べる。

【主な目次】
第I部 社会科学における因果と実証研究
1. 導入
第II部 反事実,潜在反応,因果グラフ
2. 反事実と潜在反応モデル
3. 因果グラフ
第III部 観察された変数についての条件付けによりバックドアパスをブロックし,因果効果を推定する
4. 条件付けによる推定法のための原因曝露モデルと識別条件
5. マッチングによる因果効果の推定
6. 回帰による因果効果の推定
7. 重み付き回帰による因果効果の推定
第IV部 バックドア基準による条件付けが無効であるときの因果効果推定
8. 自己選択,多様性,因果グラフ
9. 操作変数法による因果効果の推定
10. メカニズムと因果の説明 
11. 繰り返し観察と因果効果の推定
第V部 観察される変数による点推定が不可能な場合の因果効果推定
12. 分布の仮定,集合識別,感度分析
第VI部 結論
13. 反事実と観察社会科学における実証研究の未来
文献
索引

著者プロフィール

落海 浩  (オチウミ ヒロシ)  (翻訳

USCマーシャル校

上記内容は本書刊行時のものです。