版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
名門譜代大名・酒井忠挙の奮闘 福留 真紀(著/文) - 文藝春秋
..
文春学藝ライブラリー

名門譜代大名・酒井忠挙の奮闘

発行:文藝春秋
文庫判
304ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784168130861
Cコード
C0195
一般 文庫 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年2月8日
最終更新日
2020年4月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-06-07 読売新聞  朝刊
評者: 青木千恵(書評家)

紹介

出世ルートから外れた御曹司、再起に挑む!

四代将軍徳川家綱の大老を務めた酒井忠清の嫡男、忠挙(ただたか)。
将来を約束されたはずの彼の人生は、父の失脚で、突如、暗転する。
降格、閑職、奇病、困った親族、そして期待していた嫡男の早世……。
これでもかと重なる苦難に、しかし忠挙は諦めない。
新興大名・柳沢吉保と姻戚関係になり、時の老中と密接に連絡を交わし、意見具申にも精を出す。
ひとえに、親族を救うため、家を守るため、そして将軍・綱吉への忠勤のため――。
江戸時代中期、幕府官僚として生きた、ある御曹司の等身大の実像に迫る。

文庫化にあたり、補論「酒井忠挙の妹・長姫の憂鬱」を増補。
「本書では、家の格式だけでなく、人間力や人心掌握力も問われる徳川政治の厳しさを通して、順風満帆だったかに思われた御曹司エリートが苦労人として辛酸を嘗めるストーリーが語られる。それは現代人も共感できる歴史の教訓にもなっている」――「解説」・山内昌之

上記内容は本書刊行時のものです。