版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
御留山 新・酔いどれ小籐次(二十五) 佐伯 泰英(著/文) - 文藝春秋
..

御留山 新・酔いどれ小籐次(二十五)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:文藝春秋
文庫判
重さ 190g
368ページ
定価 780円+税
ISBN
978-4-16-791914-6   COPY
ISBN 13
9784167919146   COPY
ISBN 10h
4-16-791914-1   COPY
ISBN 10
4167919141   COPY
出版者記号
16   COPY
Cコード
C0193  
0:一般 1:文庫 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年6月8日
最終更新日
2022年8月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

先祖の暮らした豊後森藩の地についに降り立った小籐次と息子の駿太郎。
地元の美味と、湧き出る豊かな湯、野湯と風景を味わいつつも、
特産の明礬を利用して権力を増大する国家老一派と、対抗する一派の
不穏な事情を知り、心は晴れない。

一方、山中に暮らす刀研ぎの名人「滝の親方」は、小籐次にそっくりだという。
もしや赤目一族と繋がりが? 

そんな中、藩主・久留島通嘉から小籐次に呼び出しが。
「明朝、角牟礼山本丸で待つ」―-
ついに、藩主・久留島通嘉が、江戸から小籐次を連れてきた本当の目的が明かされる。
そして、赤目小籐次一家の帰りを待ちわびる江戸の人々も、
ある計画を進めていた。

『御鑓拝借』から始まった物語が見事ここに完結!


巻末付録「森藩・玖珠山中をゆく~その時、小籐次の背中が見えた」を収録。

上記内容は本書刊行時のものです。