版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
八丁越 新・酔いどれ小籐次(二十四) 佐伯 泰英(著/文) - 文藝春秋
..

八丁越 新・酔いどれ小籐次(二十四)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:文藝春秋
文庫判
重さ 181g
352ページ
定価 750円+税
ISBN
978-4-16-791901-6   COPY
ISBN 13
9784167919016   COPY
ISBN 10h
4-16-791901-X   COPY
ISBN 10
416791901X   COPY
出版者記号
16   COPY
Cコード
C0193  
0:一般 1:文庫 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年5月11日
最終更新日
2022年7月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

最後の難所・八丁越で、参勤行列を狙う者とは!?
大人気900万部シリーズ、ついにあと一巻で完結です。

小籐次と駿太郎を加えた参勤交代の行列は、森藩領地へと近づいていた。
国家老と結託した商人・小坂屋が親子を目の敵にする理由は、過去の因縁に
あるらしいのだが…
旅の中で多くを学ぶ駿太郎は、自分の剣に大きな軸が生まれたことを自覚し、
ひとつの決意をする。

参勤交代の列は、森城下を目指し玖珠山中へ。
最後の難所・「八丁越」に待ち構えるという12人の刺客とは何者なのか…
夜明けの霧が晴れた時、石畳の上に登場した刺客と対決する
小籐次は―――

主君の恥を雪ぐためたった独りで四藩を敵に回した「御鑓拝借」の
あの日からはじまった小籐次の物語。過去の出来事が、人の想いが
まわりまわって姿を現した時、この物語はついに完結に動き出す――

次巻、最終巻!

上記内容は本書刊行時のものです。