版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
山本周五郎名品館Ⅲ 寒橋(さむさばし) 山本 周五郎(著/文) - 文藝春秋
..
文春文庫

山本周五郎名品館Ⅲ 寒橋(さむさばし)

発行:文藝春秋
文庫判
480ページ
定価 870円+税
ISBN
9784167910907
Cコード
C0193
一般 文庫 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月11日
最終更新日
2018年4月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-06-09 日本経済新聞  朝刊

紹介

生涯、膨大な数の短編を遺した山本周五郎。
没後五十年を経た今なお、読み継がれる作品群の中から、
選びに選ばれた名品。
短編選集決定版の第三巻(全四巻)

武士の、同輩への友情と、許婚への断ち切れない愛情との葛藤を描く「落ち梅記」。
浪人の、赤ん坊に対する人情が愛情に変わっていくプロセスを描く「人情裏長屋」。
長屋住まいの一家の、究極の人情ともいうべきものを描く「かあちゃん」。
亭主への、また父の娘に対する「情」の交錯がドラマに複雑さを与える「寒橋」。

ほか、「なんの花か薫る」「あすなろう」「落葉の隣り」「茶摘は八十八夜から始まる」「釣忍」など、全九編。

巻末に沢木耕太郎氏による解説エッセイ「寒橋のまぼろし」を収録。

さまざまな「情」が乱反射する、「情」の万華鏡ともいうべき一冊。

上記内容は本書刊行時のものです。