版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
播磨国妖綺譚  伊佐々王の記 上田 早夕里(著/文) - 文藝春秋
..
【利用不可】

播磨国妖綺譚  伊佐々王の記 (ハリマノクニヨウキタン イザサオウノキ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:文藝春秋
46
重さ 320g
240ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-16-391786-3   COPY
ISBN 13
9784163917863   COPY
ISBN 10h
4-16-391786-1   COPY
ISBN 10
4163917861   COPY
出版者記号
16   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年10月27日
最終更新日
2024年1月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

舞台は室町、播磨の国。
律秀・呂秀の兄弟は、庶民を相手に、病者を診て、薬を方じ、祈禱によって物の怪や禍を退ける法師陰陽師である。

彼らはある日、地元の農民から相談を受ける。曰く、「川で砂鉄を拾っていると、皆が一斉に転ばされるのです」。
兄弟が川へ入ると、向こう岸に見えたのは怒れる坊主たちの姿だった……⁉

徐々に明らかになるのは、裏で糸を引く「蒲生醍醐」なるはぐれ陰陽師の存在。
彼は人間に恨みを持つ山河の生き物に術をかけ、人間たちを襲わせていたのだ。
さらに、播磨国に伝わる巨鹿の妖怪・伊佐々王を復活させ、さらなる大混乱を起こそうとしていた――。

蒲生醍醐の正体とは? そして、式神・あきつ鬼の前世とは何なのか?

上記内容は本書刊行時のものです。