版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
空と風と時と 小田和正の世界 追分 日出子(著/文) - 文藝春秋
..
【利用不可】

空と風と時と 小田和正の世界 (ソラトカゼトトキト オダカズマサノセカイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:文藝春秋
46
重さ 689g
632ページ
定価 2,900円+税
ISBN
978-4-16-391781-8   COPY
ISBN 13
9784163917818   COPY
ISBN 10h
4-16-391781-0   COPY
ISBN 10
4163917810   COPY
出版者記号
16   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年10月30日
最終更新日
2024年1月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1970年のデビュー以来、伝説の10日間日本武道館公演などで知られるバンド「オフコース」として約20年間活躍し、その後、ソロとなり、数多くのヒット曲や心に沁みる楽曲を作り歌ってきた小田和正さん。
今年8月、史上最年長アリーナツアーの自己記録を更新。76歳となった今でも、ライブに駆けつけるファンは年間30万人を超え、広いアリーナを縦横無尽に駆け抜けながら3時間近くのライブを精力的に展開しています。
ただ、そんな小田さんの人生について、これまで詳しく語られたことはありませんでした。
本書では、著者が約20年にもおよぶ年月をかけ、小田さんの幼少期から現在までの76年の音楽人生を、本人インタビューを中心に取材。幼少期に出会った音楽、学校の帰り道、聖光学院の同級生だった鈴木康博さんとビートルズの歌をハモる楽しさを知り、音楽の道へ。13人しか観客が来なかったコンサートなど、二人のオフコースの下積み時代、五人のオフコースとなり、スーパーバンドに成長していく中での鈴木康博さんの脱退、そして四人のオフコースになるも解散……。当時のレコード業界やレコーディング風景から、「さよなら」や「眠れぬ夜」「YES-YES-YES」「ラブ・ストーリーは突然に」など大ヒットした数々の名曲の誕生秘話も明かされます。
元オフコースのメンバーの方々の貴重な証言をはじめ、盟友・吉田拓郎さんから見る「人間・小田和正の魅力」や、初期のファンクラブ会員だった作家の川上弘美さんが見た2人のオフコース時代も読みどころの一つです。
ストイックなまでに、自分の理想とする音楽を追求してきたアーティストの一大叙事詩ともいえる記録です。

■著者の追分日出子さんより
小田さんには2005年以降、繰り返しお話を伺ってきました。この約20年間の小田さんの言葉がずっしり入っています。さらに、親族、友人、音楽関係者、スタッフなど、50人を軽く超える方々に話をうかがいました。とくにオフコースメンバーの方々と、一人ずつお会いし、じっくりお話をうかがったことは貴重だと思います。オフコースの〈光と影の歴史〉について、当事者たちが語る初めての本になりました。また1970年代、音楽の世界が大きく変わっていく現場にいた人々の貴重な証言など、〈時代の中の小田和正〉を意識しました。さらに2022年2023年の全国ツアーにはスタッフのようにすべて同行、ツアーコラムを評伝の間にはさみました。多くの楽曲について、その背景を知ったうえで、改めて味わっていただこうと、結果的に、60曲もの歌詞を引用しました。小田さんの歌詞は、ご自身の心のなかを見つめ、それを言葉にしています。改めて、小田さんの音楽人生とその歌詞を味わっていただけたらと思います。

目次

序章 
第1章 小田薬局
第2章 東北大学時代
第3章 オフコース初期 1970-1975
第4章 オフコース中期Ⅰ1976-1979
第5章 オフコース中期Ⅱ 1980-1982
第6章 オフコース4人時代 1984-1989
第7 ソロになって 1989-2000
第8章 クリスマスの約束 2001-2009
第9章 会いに行く 2010-2019
第10章 さよならは 言わない 2020-2023

■全国ツアー随行記「LOOKING BACK 2022」
■小田和正バイオグラフィ
■Kazumasa Oda 掲載楽曲リスト

〈文春オンライン記事〉
前編 https://bunshun.jp/articles/-/66605#goog_rewarded
後編 https://bunshun.jp/articles/-/66606

〈文藝春秋 電子版〉https://bunshun.jp/bungeishunju/articles/h7483
〈ダ・ヴィンチWeb〉https://article.auone.jp/detail/1/2/4/346_4_r_20231122_1700644467025877

上記内容は本書刊行時のものです。