版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
肉とすっぽん 日本ソウルミート紀行 平松 洋子(著/文) - 文藝春秋
..

肉とすっぽん 日本ソウルミート紀行

発行:文藝春秋
四六判
276ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784163912233
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年6月5日
最終更新日
2020年6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-09-13 読売新聞  朝刊
評者: 南沢奈央(女優)
2020-08-15 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 太田和彦(作家)
2020-08-02 産經新聞  朝刊
2020-07-25 毎日新聞  朝刊
評者: 持田叙子(日本近代文学研究者)

紹介

牛、羊、鹿、鴨、ホルモン、鯨……
うまい肉が生まれる現場にはソウルがある!

・“害獣”を地域の恵みに変えた島根県美郷町モデル
・「肉にも旬がある」ジビエ料理のフロンティア
・常識の壁を乗り越え、馬肉文化を守り抜いた熊本の挑戦
・「捨てていたもの」から価値をつくり出す職人芸とは?
・「露地養殖」という“非効率”が異界の味わいを生む……etc.

それぞれの土地で培われた〈知恵と技〉が日本の食の未来を照らし出す

歩いて、食べて、考えた。
“食の未来図”をまるごと味わう傑作ノンフィクション!

上記内容は本書刊行時のものです。