版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
青い眼がほしい Morrison, Toni(著) - 早川書房
...
ハヤカワepi文庫

青い眼がほしい

発行:早川書房
縦160mm
323ページ
価格情報なし
ISBN
9784151200069
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2001年6月
登録日
2017年1月22日
最終更新日
2017年1月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-02-21 読売新聞  朝刊
評者: 西加奈子(作家)
2020-06-27 東京新聞/中日新聞  朝刊
2019-12-28 朝日新聞  朝刊
評者: 西崎文子(東京大学教授)
2019-10-26 朝日新聞  朝刊
評者: 都甲幸治(早稲田大学教授・アメリカ文学、翻訳家)
2019-10-13 毎日新聞  朝刊
評者: 篠目清美(東京女子大学現代教養学部教授)
2019-08-24 朝日新聞  朝刊
評者: 西崎文子(東京大学教授・アメリカ政治外交史)
2019-04-07 読売新聞  朝刊

紹介

誰よりも青い眼にしてください、と黒人の少女ピコーラは祈った。そうしたら、みんなが私を愛してくれるかもしれないから。白い肌やブロンドの髪の毛、そして青い眼。美や人間の価値は白人の世界にのみ見出され、そこに属さない黒人には存在意義すら認められない。自らの価値に気づかず、無邪気にあこがれを抱くだけのピコーラに悲劇は起きた-白人が定めた価値観を痛烈に問いただす、ノーベル賞作家の鮮烈なデビュー作。

上記内容は本書刊行時のものです。