版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
魚食の人類史 島 泰三(著/文) - NHK出版
..
詳細画像 0
NHKブックス No.1264 1264

魚食の人類史 出アフリカから日本列島へ

発行:NHK出版
B6判
240ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784140912645
Cコード
C1345
教養 全集・双書 生物学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年5月26日
最終更新日
2020年5月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

魚食こそが、人類拡散の原動力だった!

なぜ霊長類の中でホモ・サピエンスだけが、積極的に魚を食べるのか? それは、もともとホモ・エレクトゥスやネアンデルタール人といった「強者」に対抗するための仕方なしの生存戦略だった。だが、人類がアフリカから世界中に拡散していく過程で、その魚食こそが飢えを満たし、交通手段を発展させ、様々な文化を生み出す原動力になった。果たして、魚食は「弱者」ホモ・サピエンスに何をもたらしたのか? 他の霊長類との比較を踏まえ、出アフリカから日本列島へと至る「大逆転の歴史」をベテランの人類学者が鮮やかに描き出す。

著者プロフィール

島 泰三  (シマ タイゾウ)  (著/文

1946年生まれ。東京大学理学部人類学教室卒業。日本野生生物研究センター主任研究員、ニホンザルの生息地保護管理調査団主任調査員などを経て、現在、日本アイアイ・ファンド代表。理学博士。アイアイの保護活動への貢献によりマダガスカル国第5等勲位「シュバリエ」を受ける。著書に『親指はなぜ太いのか』『ヒト』(ともに中公新書)、『サルの社会とヒトの社会』(大修館書店)、『はだかの起原』(講談社学術文庫)、『人、犬に出会う』 (講談社選書メチエ)など。

上記内容は本書刊行時のものです。