版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
関ケ原前夜 : 西軍大名たちの戦い 光成 準治(著/文) - 日本放送出版協会
...
【利用不可】

関ケ原前夜 : 西軍大名たちの戦い (セキガハラ ゼンヤ : セイグン ダイミョウタチ ノ タタカイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
縦19mm
317ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-14-091138-9   COPY
ISBN 13
9784140911389   COPY
ISBN 10h
4-14-091138-7   COPY
ISBN 10
4140911387   COPY
出版者記号
14   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2009年7月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2009-08-23 日本経済新聞
MORE
LESS

紹介

彼らは、なんのために戦ったのか。太閤秀吉という支柱を失った後、関ヶ原に至るまで、豊臣政権内部で何が起こっていたのか。石田三成ら奉行衆の陰に隠れ、その行動が明らかにされてこなかった毛利輝元、上杉景勝、宇喜多秀家、島津義弘ら西軍の外様大名に光をあてることにより、武功派対吏僚派、徳川派対反徳川派などの単純な二項対立論に陥ることなく、軍記に彩られた数々の通説を打破し、ドラマでは描けない関ヶ原前夜の政治情勢・権力闘争の実態に迫る。若手研究者による緻密な意欲作。

目次

第1章 豊臣秀吉の死と石田三成失脚
第2章 関ヶ原への道
第3章 「西国の統括者」毛利輝元
第4章 上杉景勝と直江兼続
第5章 若き「五大老」宇喜多秀家
第6章 島津義弘、起死回生の大勝負
付論-敗者たちのその後

上記内容は本書刊行時のものです。