版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
サボる哲学 栗原 康(著/文) - NHK出版
..
詳細画像 0

サボる哲学 労働の未来から逃散せよ

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:NHK出版
新書判
288ページ
定価 930円+税
ISBN
978-4-14-088658-8   COPY
ISBN 13
9784140886588   COPY
ISBN 10h
4-14-088658-7   COPY
ISBN 10
4140886587   COPY
出版者記号
14   COPY
Cコード
C0210  
0:一般 2:新書 10:哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年5月25日
最終更新日
2021年7月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-08-21 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 白井聡(思想史家・政治学者)
2021-07-17 朝日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

万国の労働者よ、駄々をこねろ!

コロナ禍でさらに屈折する現代の労働倫理や規範意識。
「はたらかざるもの、食うべからず」。私たちはなぜ心身を消耗させながら、
やりたくない仕事、意味のない仕事に従事し、生きるためのカネを稼ぐのか。
社会からはいつでも正しい生き方や身の処し方が求められ、
もっと頑張れ、努力しろと急き立てられる。そこから逸脱すれば落伍者。そんな世界は正常か?
気鋭のアナキスト文人が、フーコーからグレーバー、
『古事記』から『鬼滅の刃』、果ては近所の野良猫までをも俎上にあげながら、
資本主義の絶対的な権力性を背景にした労働倫理を相対視し、
そこから踊るように抜け出す道を拓く。未来をサボれ!

著者プロフィール

栗原 康  (クリハラ ヤスシ)  (著/文

東北芸術工科大学非常勤講師、政治哲学者。1979年埼玉県生まれ。専門はアナキズム研究。著書に『大杉栄伝~永遠のアナキズム』(角川ソフィア文庫)『はたらかないで、たらふく食べたい~「生の負債」からの解放宣言』(ちくま文庫)『村に火をつけ、白痴になれ~伊藤野枝伝』『アナキズム~一丸となってバラバラに生きろ』(岩波書店)『死してなお踊れ~一遍上人伝』(河出書房新社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。