版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ 斎藤 泰弘(著/文) - NHK出版
..
詳細画像 0
NHK出版新書 598

誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ

発行:NHK出版
新書判
280ページ
定価 1,100円+税
ISBN
9784140885987
Cコード
C0271
一般 新書 絵画・彫刻
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年8月14日
最終更新日
2019年9月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

自筆ノートから見えてくる「天才画家」の正体──

芸術家であり、軍事技師であり、幾何学者であり、解剖学者であり、天文学者であった「世紀の偉人」が、本当になりたかったもの─それは「水」の研究者であり、アルキメデスだった! レオナルドの「手稿」(自筆ノート)研究の第一人者が、図像と鏡文字(左右反転させた文字)の読み解きから、天才画家の知られざる素顔を描き出す!

第1章 アルキメデスになりたかった男──天才の壮年期の肖像
第2章 水を操る軍事技師──わが友マキアヴェッリと共に
第3章 芸術とは「優美さ」である──ミケランジェロとの闘い
第4章 人間は鳥になれるか──飛行機械への欲求
第5章 《岩窟の聖母》は、なぜ二点あるのか 1──ロンドン版 「聖母」の戸惑い
第6章 《岩窟の聖母》は、なぜ二点あるのか 2──ルーヴル版 「天使」と「幼児」は誰か
第7章 生命の神秘なる世界──霊魂創造説か、自然発生説か
第8章 宇宙の真理を解き明かせ──太陽は「動かない」
第9章 幾何学こそが科学である──「霊的なもの」の正体
第10章 手稿だけが知っている真実──なぜ科学的成果は消されたか

目次

    はじめに

第1章 アルキメデスになりたかった男
    ──天才の壮年期の肖像
    一五〇〇年、フィレンツェ凱旋/素描こそが芸術の本質
    芸術家以上の何者か/絵を描かない大画家

第2章 水を操る軍事技師
    ──わが友マキアヴェッリと共に
    二人を結びつけた戦争/共通する「水攻め」のアイデア
    破滅から救われるのは「野蛮人」だけ?/レオナルドの力学世界
    水への愛着と恐怖心/マキアヴェッリの「美徳」とは?
    近代に橋渡しをした科学者/アルノ川変更計画
    その意気やよしか? 人間の愚かな自惚れか?
    
    間奏曲(インテルメッゾ)1 海峡を跨ぐ「夢の石橋」

第3章 芸術とは「優美さ」である
    ──ミケランジェロとの闘い
    クヮトロチェントからチンクェチェントへ/並び立つ新旧の両雄
    この独創的な文章を見よ/《アンギアーリの戦い》の恐るべき迫力
    またも失敗に終わった名画/そして、ライバルの絵も中断した
    本当にフィレンツェ人というのは……

第4章 人間は鳥になれるか
    ──飛行機械への欲求
    ルネサンス文化の中心地フィレンツェ/たたき上げの職人たちの批判
    鳥のように空を飛んでみたい?/革新的な前期の飛行機械
    「羽ばたき」から「滑空」へ/失敗、しかし飽くなき探究心

第5章 《岩窟の聖母》は、なぜ二点あるのか 1
    ──ロンドン版 「聖母」の戸惑い
    ダ・ヴィンチ最大の謎/ルーヴル版を先発とする二つの仮説
    不当なすり替えはありえない/ロンドン版が先発だ!
    《幼子の礼拝》の図像は何を物語るか/《岩窟の聖母》との類似点と相違点
    聖母の左手の仕草は何を意味するのか/聖母の戸惑いと苦悶

第6章 《岩窟の聖母》は、なぜ二点あるのか 2
    ──ルーヴル版 「天使」と「幼児」は誰か
    《聖母の無原罪の宿り》という教義/可能、適切、そして実
    無原罪の聖母のさまざまな図像/ルーヴル版は異常な宗教画
    指差す天使、その正体は……/合掌する幼児は聖ヨハネなのか
    ルイ一二世の離婚した妻/ルーヴル版についてのわたしの仮説
    わたしの仮説を裏付けてくれるもの

    間奏曲(インテルメッゾ)2 《サルヴァトール・ムンディ》は、本当にレオナルド作か?

第7章 生命の神秘なる世界
    ──霊魂創造説か、自然発生説か
    画家になるには科学を学べ/画家から解剖学者へ
    心臓の微細な孔と「生命精気」/「部分的な死」と「全体の死」が放つ臭気
    至高の真理には手を触れず/「生命を尊重しない者は生きるに値しない」

第8章 宇宙の真理を解き明かせ
    ──太陽は「動かない」
    『天上界と地上界について』を読む/アリストテレスの宇宙観に物申す
    月が光り輝くわけ/地球は宇宙の中心ではない
    コペルニクスに先立つ「地動説」?/アフォリズムの真意

第9章 幾何学こそが科学である
    ──「霊的なもの」の正体
    魔術師、あるいは異端の研究者か?/「自然の人間化」と「人間の自然化」
    人間の破滅にあこがれる本能/錬金術は科学ではない
    魔術、そして占星術は……/生命体アナロジー理論の破綻
    美徳を磨き、知識を手に入れる

第10章 手稿だけが知っている真実
    ──なぜ科学的成果は消されたか
    科学的成果を「発信」しなかった理由/稀代の哲学者として名声を博す
    手稿から見る宗教観/「罪のない動物」とは誰のことか?
    そして臨終の場面はこう描かれた

    おわりに
    文献目録

著者プロフィール

斎藤 泰弘  (サイトウ ヤスヒロ)  (著/文

1946年福島県生まれ。京都大学名誉教授。78年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。京都産業大学助教授、京都大学助教授、同大学大学院文学研究科教授等を歴任。専攻はイタリア文学、イタリア演劇。『鳥の飛翔に関する手稿』(谷一郎、小野健一と共著)で第3回マルコ・ポーロ賞受賞。著書に『レオナルド・ダ・ヴィンチの謎─天才の素顔』(岩波書店)、『ダ・ヴィンチ絵画の謎』(中公新書)。レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿の翻訳多数。

上記内容は本書刊行時のものです。