版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
いのちを"つくって"もいいですか? : 生命科学のジレンマを考える哲学講義 島薗 進(著) - NHK出版
...

いのちを"つくって"もいいですか? : 生命科学のジレンマを考える哲学講義

発行:NHK出版
B6判
縦190mm
238ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-14-081694-3
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2016-1-30
登録日
2016年3月13日
最終更新日
2016年3月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-07-22 週刊読書人
評者: 佐々木力=中国科学院大学教授・科学史・科学哲学専攻
2016-03-25 週刊読書人
評者: 粥川準二=ジャーナリスト
2016-03-13 東京新聞/中日新聞
評者: 野家啓一(東北大学名誉教授)

紹介

誰もが願う「より健康に、より長く生きたい」という希望。最新のバイオテクノロジーに根ざす現代医療は、その願いを着実に実現しつつあります。しかし、ただ望むままに進んで行くならば、私たちはやがて「いのちをつくり変える」領域に踏み込んでしまうのではないか-生命科学と深く結びついた現代、そして未来を生きるための、新しい"いのちの倫理"のあり方を一緒に考えていきましょう。

目次

序章 生命科学の"夢"と"限界"
第1章 身を"改造"すれば幸せに?-治療を超えた"エンハンスメント"
第2章 「理想の子ども」を選べるなら-出生前診断と"産み分け"
第3章 いのちをつくり変えてもいいですか?-iPS細胞と再生医療の夢
第4章 「すばらしい新世界」には行きたくない?-ある未来予想図
第5章 「いのちは授かりもの」の意味-マイケル・サンデルが問いかける
第6章 小さないのちの捉え方-「中絶」といのちの始まりの倫理
第7章 つながりのなかに生きるいのち-「脳死」に見る死生観
終章 個のいのち、つながるいのち

上記内容は本書刊行時のものです。