版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
マヨラナ Magueijo, João(著/文) - NHK
...
【利用不可】

マヨラナ (マヨラナ : キエタ テンサイ ブツリ ガクシャ オ オウ) 消えた天才物理学者を追う

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:NHK
縦20mm
460ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-14-081605-9   COPY
ISBN 13
9784140816059   COPY
ISBN 10h
4-14-081605-8   COPY
ISBN 10
4140816058   COPY
出版者記号
14   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2013年5月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-07-07 読売新聞
評者: 須藤靖(宇宙物理学者、東京大学教授)
MORE
LESS

紹介

1938年3月26日の夜、シチリア島のパレルモからナポリ行きの船に乗った男が失踪した。エットーレ・マヨラナ-。エンリコ・フェルミ率いるパニスペルナ研究所で天賦の才を発揮するも、周囲との軋轢から孤立していった風変わりな物理学者。ニュートリノが実際に観測される25年も前に、この粒子の性質について考察していた恐るべき男。彼はなぜ失踪したのか?原子核物理学の世界に何を残していったのか。本書は、知られざる天才の驚くべき生涯の物語を軸に、核分裂という「錬金術」を実現しつつあった20世紀前半の物理学界の人々の人間模様、最新の素粒子物理学の課題を織り込んだ、他に類を見ないポピュラーサイエンス書である。

目次

第1部 異端審問所長-1906年~1938年(エトネーア通り二五一番地の屋根裏部屋
核危機
若き日のフランケンシュタイン
正体をあらわしたポルターガイスト
パンと精子 ほか)
第2部 暗黒物質-1938年~(道化師たち
ピランデッロ間奏曲
アルゼンチンよ、泣かないで
太陽は病んでいるか
獣の刻印 ほか)

上記内容は本書刊行時のものです。