版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
NHK出版 音声DL BOOK 越前敏弥の英文解釈講義 越前 敏弥(著/文) - NHK出版
..
詳細画像 0

NHK出版 音声DL BOOK 越前敏弥の英文解釈講義 『クリスマス・キャロル』を精読して上級をめざす

語学・辞事典
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:NHK出版
A5判
272ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-14-035174-1   COPY
ISBN 13
9784140351741   COPY
ISBN 10h
4-14-035174-8   COPY
ISBN 10
4140351748   COPY
出版者記号
14   COPY
Cコード
C0082  
0:一般 0:単行本 82:英米語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年9月24日
最終更新日
2021年11月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

語学力を大きく向上させるための近道のひとつは、すぐれた文章を隅々まで熟読すること。
200年近くにわたって読み継がれている、ディケンズの名作『クリスマス・キャロル』は、まさにそうしたすぐれた文章のひとつである。
さらに『クリスマス・キャロル』には、大学受験までの英文法ではあまり扱わない、盲点となるような文法事項(コロン、セミコロン、カンマの使い分け/描出話法/連鎖関係詞節など)のほか、文学作品特有の婉曲的な表現(ダブルミーニング/視点の捉え方など)や反語的な言い回し、文化的背景の理解を要する表現が満載で、しっかりした英文読解力を築く上で最良のテキスト。
そんな作中の手ごわい英文の数々を、名翻訳家・越前敏弥さんが徹底講義! 熟読すれば、あなたの読解力が進化する!
【イギリス人ネイティブによる英文の音声ダウンロード付き】

〈音声のダウンロードについて〉
本書を購入された方は、本書の音声をNHK出版サイトからダウンロードできます。詳しくは書籍内の説明ページをご参照ください。

●本書の特徴●
〇翻訳家ならではの読解テクニック
あまたのベストセラーを訳してきた越前さんが長年培った翻訳技術は、正確に英文を読みたいと願うすべての人に役立ちます。
たとえば物語の序盤に、
I know, of my own knowledge, what there is particularly dead about a door-nail.
という文が出てきます。この文のofがどういった働きをしているかがわからないことには、文を正しく理解することができません。
この他、助動詞や時制の使い方、比較の構造など、つい見逃してしまうような語が、正しく解釈できるかの分かれ目になります。本書では「設問」という形でこのような盲点となりがちなポイントに光を当てます。
さらには「予想を立て、それを修正しながら読む」「違和感を感じた時は誤読を疑う」など、読むときの心構えから、辞書の使い方や調べものの方法まで丁寧に解説。

〇かゆいところに手が届く解説
本書は、越前さんと翻訳学習者・大学生・高校生のグループとの勉強会がもとになっています。全員の訳文を越前さんがチェックし、それぞれのつまづきどころを抑えた上で、本書の設問や解説は執筆されました。受講者の「リアル」な読みがもとになった解説は、きっと読者のみなさんの「かゆいところ」に手が届くことでしょう。

●学習の進め方●
・あらすじを読んで作品全体の話の流れを確認
・『クリスマス・キャロル』から選ばれた10シーンの原文にチャレンジ
・英文読解に自信がある人は、全文を日本語訳してみる
・英文読解に不安がある人は、注釈を見ながら全文を訳してみる。もしくは読解のポイントを示した設問に答える。
・解説講義を熟読する。
・改めて原文を読み返すことで、読解力が飛躍的に向上!

目次

導入 『クリスマス・キャロル』の日本語あらすじと扱う原文
本編(全10章) 
『クリスマス・キャロル』原文から名場面をピックアップ
・原文(音声付)と設問
・越前さんによる和訳
・設問解説
・原文をさらに深く読むための座談会

著者プロフィール

越前 敏弥  (エチゼン トシヤ)  (著/文

翻訳家。文芸翻訳者。1961年、石川県金沢市生まれ。東京大学文学部国文科卒。学習塾経営、留学予備校講師などを経て、文芸翻訳者に。主な訳書に『オリジン』『ダ・ヴィンチ・コード』『Yの悲劇』(以上、KADOKAWA)、『解錠師』『災厄の町』(以上、早川書房)、『世界文学大図鑑』『世界物語大事典』(以上、三省堂)、『おやすみの歌が消えて』(集英社)、『ストーリー』(フィルムアート社)など多数。著書に『翻訳百景』(KADOKAWA)、『文芸翻訳教室』(研究社)、『日本人なら必ず誤訳する英文・決定版』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。現在、朝日カルチャーセンター新宿教室、横浜教室、中之島教室で文芸翻訳講座などを担当するほか、オンラインも含めた各地での読書会を精力的にこなす。

上記内容は本書刊行時のものです。