版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
サラリーマン川柳 とびきり傑作選 やく みつる(著/文) - NHK出版
..
詳細画像 0
 

サラリーマン川柳 とびきり傑作選

発行:NHK出版
四六判
192ページ
定価 950円+税
ISBN
9784140162767
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月9日
最終更新日
2020年6月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-25 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

令和最初の「サラリーマン川柳」最新傑作選!

「第一生命サラリーマン川柳コンクール」は、1987年(昭和62年)に募集がスタート。2019年の33回大会の応募で累計応募数が124万句を超えた国民的川柳コンクールです。
本書は、第33回大会の応募約5万3千句の中から、全国人気投票で選ばれたベスト100句に加え、漫画家やくみつる選、川柳作家やすみりえ選の各ベストテンなど、選りすぐりの傑作川柳をたっぷり紹介。ローカル開催の「地元サラ川」、20代限定の「#フォトサラ」、若年層を対象とした「小中学生サラ川選手権」の秀句のほか、歴代傑作選も収載してします。

【目次と主な構成】
第33回サラリーマン川柳 ベストテン 
  第一生命(全国人気投票)選 やくみつる選 やすみりえ選  全国人気投票ベスト100
第33回サラリーマン川柳  トレンド傑作選  
  サラ川に詠み込まれたキーワードから世相を読み解く
2019年 地元サラ川(ジモサラ)傑作選
 ご当地限定、サラ川地方大会の秀句をご披露!
2019年 #フォトサラ傑作選
 20代限定、写真で詠む秀句を掲載(選者第一生命、やすみりえ)
2019年 小中学生サラ川選手権 byサラリーマン川柳コンクール 傑作選
 サラ川初の小中学生部門大会の秀句を掲載(選者やすみりえ)
「サラ川」で考える日本の歴史 歴代ベストテン  
  歴代の名句を振り返りながら平成の世相をおさらい。歴代ベスト10の平成サラ川集大成!
第一生命「サラリーマン川柳コンクール」のご案内

目次

【目次と主な構成】
第33回サラリーマン川柳 ベストテン 
  第一生命(全国人気投票)選 やくみつる選 やすみりえ選  全国人気投票ベスト100
第33回サラリーマン川柳  トレンド傑作選  
  サラ川に詠み込まれたキーワードから世相を読み解く
2019年 地元サラ川(ジモサラ)傑作選
 ご当地限定、サラ川地方大会の秀句をご披露!
2019年 #フォトサラ傑作選
 20代限定、写真で詠む秀句を掲載(選者第一生命、やすみりえ)
2019年 小中学生サラ川選手権 byサラリーマン川柳コンクール 傑作選
 サラ川初の小中学生部門大会の秀句を掲載(選者やすみりえ)
「サラ川」で考える日本の歴史 歴代ベストテン  
  歴代の名句を振り返りながら平成の世相をおさらい。歴代ベスト10の平成サラ川集大成!
第一生命「サラリーマン川柳コンクール」のご案内

著者プロフィール

やく みつる  (ヤク ミツル)  (著/文

1959年、東京都世田谷区生まれ。漫画家。早稲田大学商学部を卒業後、出版社勤務を経て、漫画家デビュー。96年に第42回文藝春秋漫画賞を受賞。
テレビのコメンテーターやエッセイストとしても活躍し、好角家として日本相撲協会外部委員も務めた。世界のトイレットペーパーや有名人のタバコの吸殻など珍品コレクターとしても知られる。日本昆虫協会副会長。週刊誌などへの雑誌連載も多数。

やすみ りえ  (ヤスミ リエ)  (著/文

1972年生まれ。兵庫県神戸市出身。川柳作家。恋愛をテーマとした独自の川柳作品を発表するかたわらテレビ・ラジオ・新聞・雑誌の川柳コーナーの選者を多数務める。企業等の公募川柳の選者・監修も担当。初心者対象のワークショップを各地で開催し、好評を得ている。句集に『ハッピーエンドにさせてくれない神様ね』『召しませ、川柳』、監修『50歳からはじめる、俳句・川柳・短歌の教科書』等多数。全日本川柳協会会員。

第一生命  (ダイイチセイメイ)  (著/文

1902年9月15日、日本で最初の相互主義による保険会社として設立され、2010年4月、株式会社へ組織変更する。1987年、第1回「第一生命サラリーマン川柳コンクール」を開始し、全国から句の募集を行う。その優秀作は大きな話題となり、各地での「サラ川」ブームのきっかけとなる。今回の募集でサラリーマン川柳は33回目を迎え、過去からの応募総数は124万句を超えた。ユーモアに富んだ句のそれぞれが世相や時代を反映するものとして、大きな注目を集め続けている。

上記内容は本書刊行時のものです。