版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本美術の発見者たち 矢島 新(著/文) - 東京大学出版会
.

日本美術の発見者たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
234ページ
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-13-083035-5   COPY
ISBN 13
9784130830355   COPY
ISBN 10h
4-13-083035-X   COPY
ISBN 10
413083035X   COPY
出版者記号
13   COPY
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2003年6月1日
登録日
最終更新日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

美術史の枠の中で語られることのなかった作品が,誰にどのように発見されたのか.柳宗悦による民芸の発見,岡本太郎による縄文の美の発見,辻惟雄による奇想の画家の再評価,赤瀬川原平による超芸術トマソンの発見.発見者と発見されたものを,図版を示しながら分かりやすく解説する.

目次

「眼の革命」――日本美術の発見者たち(矢島新)
1柳宗悦――民芸の発見
2岡本太郎――縄文の発見
3辻惟雄――奇想の系譜
4近世宗教美術の発見(円空と白隠)
5赤瀬川原平――超芸術トマソンの発見
6「眼の革命」から日本美術の構造を考える
岡本太郎の痛撃――「日本美術史」の内側と外側(山下裕二)
対談『奇想の系譜』以前・以後(山下裕二×辻惟雄)

上記内容は本書刊行時のものです。