版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
当事者研究の誕生 綾屋 紗月(著/文) - 東京大学出版会
..

当事者研究の誕生 (トウジシャケンキュウノタンジョウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
488ページ
定価 5,400円+税
ISBN
978-4-13-066410-3   COPY
ISBN 13
9784130664103   COPY
ISBN 10h
4-13-066410-7   COPY
ISBN 10
4130664107   COPY
出版者記号
13   COPY
Cコード
C3047  
3:専門 0:単行本 47:医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2022年7月16日
最終更新日
2023年1月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

障害者運動、自助グループなどに淵源をもつ当事者研究。その系譜と方法を、著者自らの自閉スペクトラム症の当事者研究を振り返りながら探ってゆく。周縁化された経験への応答として当事者研究の誕生をとらえることで、未来に受け継ぐべきものを展望する試み。

目次

序 章

第I部 当事者活動における当事者研究の歴史的位置づけ

第1章 力を取り戻す――難病患者・障害者運動の系譜
第1節 障害者運動とエンパワメントの思想
第2節 向谷地生良を介した難病患者・障害者運動の影響
第3節 浦河における当事者活動のはじまり

第2章 無力を認める――依存症自助グループの系譜
第1節 AAの日本到来とアディクション治療の展開
第2節 川村敏明を介した依存症自助グループの影響
第3節 浦河における当事者活動の醸成
第4節 まとめ

第3章 当事者研究の誕生――2つの当事者活動の系譜の合流
第1節 「社会進出」のツールとしてのSST
第2節 浦河AAとアディクション治療
第3節 当事者研究のはじまり
第4節 依存症自助グループへの当事者研究の還流
第5節 まとめ

第II部 周縁者としての自閉スペクトラム者の当事者研究

第4章 障害者運動から見た自閉スペクトラム症概念批判
第1節 混沌:言語化できない「わからなさ」
第2節 障害の社会モデルに基づく従来の自閉スペクトラム概念批判
第3節 さらなる周縁化のツールとして用いられる自閉スペクトラム概念
第4節 まとめ

第5章 身体的自己感の当事者研究
第1節 意味のまとめあげ困難
第2節 行為のまとめあげ困難
第3節 意味・行為の階層の他者との差異から来る困難
第4節 まとめあげ困難がもたらす「夢侵入」
第5節 不安定な身体的自己感
第6節 周囲の配置転換と自己感の安定化
第7節 まとめ

第6章 自己身体を基点とした社会変革としての情報保障
第1節 記号のまとめあげにおけるすれ違い
第2節 身体的特徴に対応した情報提示のデザインの提案
第3節 意味づけ介助の発展:ソーシャル・マジョリティ研究
第4節 まとめ

第7章 置き去りにされた過去と歴史的自己感の当事者研究
第1節 身体的自己感の安定が生み出した「時間」
第2節 「現在の私」と「過去の私」の分離
第3節 「現在の私」と「過去の私」の共存
第4節 過去の変容
第5節 まとめ

第III部 当事者研究の方法論的検討

第8章 未来に向けて:当事者研究を仲間に伝える実践
第1節 浦河べてるの家とダルク女性ハウスの当事者研究に共通する心構え
第2節 社会モデルと2つの自己感に注目した当事者研究の方法論
第3節 ダルクにおける当事者研究ワークシートを用いた実践
第4節 まとめ

終 章

付 録 当事者研究ミーティングの基本情報

著者プロフィール

綾屋 紗月  (アヤヤ サツキ)  (著/文

東京大学先端科学技術研究センター特任講師

上記内容は本書刊行時のものです。