版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
進化的人間考 長谷川 眞理子(著/文) - 東京大学出版会
.
【利用不可】

進化的人間考 (シンカテキニンゲンコウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
重さ 235g
192ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-13-063955-2   COPY
ISBN 13
9784130639552   COPY
ISBN 10h
4-13-063955-2   COPY
ISBN 10
4130639552   COPY
出版者記号
13   COPY
Cコード
C1045  
1:教養 0:単行本 45:生物学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年2月
書店発売日
登録日
2022年12月24日
最終更新日
2023年2月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-04-16 読売新聞  朝刊
評者: 森本あんり(東京女子大学長・神学者)
MORE
LESS

紹介

進化に興味を持った人に、最初に読んでほしい本。ヒトに固有な特徴や性差について進化という軸を通して検討し、なぜ言語や文化を持つのか、ヒトの進化環境がどんなものだったかなどについて、領域横断的に考察する。第一人者が明晰かつ親しみやすい語り口で、進化という視点から人間の本性に迫る。

目次

第1章 人間への興味――越境する進化学
第2章 ヒトとチンパンジーはどこが違う?
第3章 ヒトの生活史――赤ん坊、子ども、年寄り
第4章 ヒトの子育て――ヒトは共同繁殖
第5章 進化生物学から見た少子化――ヒトだけがなぜ特殊なのか
第6章 ヒトの食物と人間性の進化
第7章 ヒトにはどんな性差があるのか
第8章 ヒトのからだの性差と配偶システム
第9章 ヒトの脳と行動の性差1――食物獲得との関連
第10章 ヒトの脳と行動の性差2――文化との関連
第11章 三項表象の理解と共同幻想
第12章 群淘汰の誤りとヒトにおける群淘汰
第13章 ヒトはなぜ罪を犯すのか――進化生物学から見た競争下での行動戦略
第14章 ヒトの適応進化環境と現代人の健康
第15章 ヒトの適応進化環境と社会のあり方
第16章 言語と文化
第17章 人間の統合的理解の行方
第18章 進化心理学・人間行動生態学の誕生と展望

著者プロフィール

長谷川 眞理子  (ハセガワ マリコ)  (著/文

1952年東京都生まれ。1983年東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程単位取得退学。理学博士。専門は行動生態学。現在、総合研究大学院大学学長。主著に、『進化とは何だろうか』(岩波書店、1999年)、『生き物をめぐる4つの「なぜ」』(集英社、2002年)、『クジャクの雄はなぜ美しい? 増補改訂版』(紀伊國屋書店、2005年)、『人間の由来』(上・下)(訳、講談社、2016年)、『私が進化生物学者になった理由』(岩波書店、2021年)他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。