版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
領域を超えない民主主義 砂原 庸介(著/文) - 東京大学出版会
.
【利用不可】

領域を超えない民主主義 (リョウイキヲコエナイミンシュシュギ) 地方政治における競争と民意 (チホウセイジニオケルキョウソウトミンイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
248ページ
定価 3,200円+税
ISBN
978-4-13-030187-9   COPY
ISBN 13
9784130301879   COPY
ISBN 10h
4-13-030187-X   COPY
ISBN 10
413030187X   COPY
出版者記号
13   COPY
Cコード
C3031  
3:専門 0:単行本 31:政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年11月
書店発売日
登録日
2022年9月21日
最終更新日
2022年11月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-01-14 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

地方政府は広がる都市の問題を解決できるのか。住民投票は地方の究極の民主主義なのか。日本の地方政治が抱える構造的問題を抉り出し、解決の糸口まで示唆する。サントリー学芸賞・大佛次郎論壇賞を受賞した注目の研究者による鋭利な地方政治論。

目次

第1章 政治制度が生み出す分裂した意思決定
 1 領域と結びつく地方政府
 2 地方政府と領域を超える課題
  2.1 領域を超える課題にどのように対応するか
  2.2 集合行為アプローチ
  2.3 領域を超える協力はなぜ生まれるか
 3 領域への拘束をもたらす政治制度
  3.1 地方政府内の対立
  3.2 地方政府間の競争
  3.3 国と地方の関係
 4 政治制度の帰結
  4.1 地域的な政党政治の不在と分裂した意思決定
  4.2 限定的な連携と合併による解決の限界
 5 本書の議論と構成
  5.1 都市の中心をめぐる競争
  5.2 分裂した意思決定の中での住民投票

第2章 都市の中心をめぐる垂直的な競争──県庁所在市の庁舎
 はじめに
 1 戦前の府県庁舎
  1.1 城郭と庁舎
  1.2 府県と都市の競争──大阪という特殊例
 2 県庁舎の位置づけの変化
  2.1 象徴としての県庁舎から高層ビルへ
  2.2 都市の中心から移転する県庁舎
 3 地方自治再編期の庁舎
  3.1 平成の大合併と市庁舎の移転
  3.2 広域の観点からの再編成
 得られた知見

第3章 都市を縮小させる分裂した意思決定──2つの港湾都市
 はじめに
 1 港湾都市の発展と凋落
  1.1 函館港
  1.2 下関港
 2 変化への対応
  2.1 合併と港湾の地位低下
  2.2 都市政策の変遷
 3 人口減少という課題
  3.1 旧市街の空洞化
  3.2 空洞化への対応としての観光
 得られた知見

第4章 大都市の一体性と分節──国際比較と日本
 はじめに
 1 大都市への注目とその比較
 2 地方政府による分節と大都市の成長
 3 大都市比較のためのデータ
 4 計量分析
  4.1 分析モデル
  4.2 結果の解釈
  4.3 頑健性の確認
 5 比較の中の日本の大都市
 得られた知見

第5章 民意をどこに求めるか──住民投票と地方議会
 はじめに
 1 住民投票の類型化
 2 住民投票の目的
  2.1 拒否権としての住民投票
  2.2 住民投票による正統化
 3 地方議会と住民投票の受容
  3.1 民意をめぐる競争
  3.2 正統性に差異をもたらす要因
 4 分析
  4.1 調査の方法──ヴィネット実験
  4.2 サンプル全体の分析
  4.3 地方議会への正統性評価と住民投票
  4.4 争点ごとの違い
 得られた知見

第6章 領域を再編する民意──平成の大合併
 はじめに
 1 平成の大合併における住民投票の位置づけ
  1.1 財政的な不利と地方議員の反対
  1.2 多様な住民投票
 2 住民投票の分析
  2.1 イニシアティブとレファレンダム
  2.2 合併協議会設立の住民投票
  2.3 条例による住民投票──賛否を問う住民投票
  2.4 条例による住民投票──枠組みを問う住民投票
 得られた知見

第7章 大都市における分裂した意思決定と民意──2010年代の大阪
 はじめに
 1 大阪都構想の展開
  1.1 領域の再編成
  1.2 大阪市分割への傾斜
 2 住民投票への過程
  2.1 大阪都構想の提案
  2.2 大阪維新の会の成立と存続
  2.3 国政への働きかけと大都市地域特別区設置法
  2.4 大阪市議会の反対と公明党への脅し
 3 静かな制度変化
  3.1 対立軸の明確化と政党の組織化
  3.2 同日選挙
  3.3 定数削減と区割りの変更
 4 住民投票というハードル
 得られた知見

終 章 分裂した意思決定の克服に向けて
 本書は何を明らかにしたか
 都市政治の再構築

著者プロフィール

砂原 庸介  (スナハラ ヨウスケ)  (著/文

神戸大学大学院法学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。