版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ゆめはるか吉屋信子 田辺聖子(著/文) - 中央公論新社
..
詳細画像 0
【利用不可】

ゆめはるか吉屋信子 (ユメハルカヨシヤノブコ) 秋灯机の上の幾山河(上) (アキトモシツクエノウエノイクサンガジョウ)

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
456ページ
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-12-207378-4   COPY
ISBN 13
9784122073784   COPY
ISBN 10h
4-12-207378-2   COPY
ISBN 10
4122073782   COPY
出版者記号
12   COPY
Cコード
C1123  
1:教養 1:文庫 23:伝記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年5月2日
最終更新日
2024年1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-12-23 朝日新聞  朝刊
評者: 澤田瞳子(小説家)
MORE
LESS

紹介

私なりの吉屋さんをさぐりあてたい――。吉屋信子(一八九六~一九七三)を敬してやまない著者が、満を持して贈る本格評伝。栃木女子高校時代から頭角を現した信子は、竹久夢二の誘いで上京し、生きる道を模索する。岡本かの子や野上弥生子らとの出会い、『花物語』の連載。やがて長篇小説の懸賞応募を目指すが、父の危篤の報が……【全三巻】

著者プロフィール

田辺聖子  (タナベセイコ)  (著/文

田辺聖子
一九二八年、大阪生まれ。樟蔭女専国文科卒。六三年、『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)』で芥川賞を受賞、八八年、『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』で女流文学賞、九三年、『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞、九四年、菊池寛賞を受賞。九八年、『道頓堀の雨に別れて以来なり』で泉鏡花文学賞と読売文学賞を受賞。二〇〇八年、文化勲章受章。大阪弁で軽妙に綴る現代小説の他に、古典文学の紹介、評伝小説など、著書多数。一九年六月死去。

上記内容は本書刊行時のものです。