版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
流人道中記(上) 浅田次郎(著/文) - 中央公論新社
..
詳細画像 0
【利用不可】

流人道中記(上) (ルニンドウチュウキ ジョウ)

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
416ページ
定価 780円+税
ISBN
978-4-12-207315-9   COPY
ISBN 13
9784122073159   COPY
ISBN 10h
4-12-207315-4   COPY
ISBN 10
4122073154   COPY
出版者記号
12   COPY
Cコード
C1193  
1:教養 1:文庫 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年1月5日
最終更新日
2023年2月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-05-07 読売新聞  朝刊
2023-02-26 産經新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

日本中から感嘆の声、続々。
『壬生義士伝』『一路』の浅田次郎、最高の感動作。

万延元年(1860年)。姦通の罪を犯した旗本・青山玄蕃に奉行所は切腹を言い渡す。だがこの男の答えは一つ。「痛えからいやだ」。玄蕃は蝦夷松前藩へ流罪となり、押送人の見習与力・石川乙次郎とともに奥州街道を北へと歩む。口も態度も悪い玄蕃だが、道中行き会う事情を抱えた人々を、決して見捨てぬ心意気があった。この男、本当に罪人なのか?

著者プロフィール

浅田次郎  (アサダジロウ)  (著/文

浅田次郎
一九五一年東京生まれ。九五年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、九七年『鉄道員』で直木賞、二〇〇〇年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、〇六年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞・司馬遼太郎賞、〇八年『中原の虹』で吉川英治文学賞、一〇年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞を受賞、一六年『帰郷』で大佛次郎賞、一九年菊池寛賞を受賞。一五年紫綬褒章を受章。近著に『流人道中記』『兵諌』『母の待つ里』など。

上記内容は本書刊行時のものです。