版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新装版 マンガ日本の歴史16  大開発時代と忠臣蔵 石ノ森 章太郎(著/文) - 中央公論新社
..
中公文庫巻次:S27-16

新装版 マンガ日本の歴史16 大開発時代と忠臣蔵

コミック文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
448ページ
定価 840円+税
ISBN
978-4-12-206958-9   COPY
ISBN 13
9784122069589   COPY
ISBN 10h
4-12-206958-0   COPY
ISBN 10
4122069580   COPY
出版者記号
12   COPY
Cコード
C1121  
1:教養 1:文庫 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年6月8日
最終更新日
2021年7月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

寛永の大飢饉を経て幕府により小農民の維持育成等の勧農政策が推進されるなか、戦乱がなくなり恩賞による知行地拡大が望めなくなった領主たちは、新田開発や用水工事等により領内を開発することで実質的な領地拡大を図り、近代幕藩体制の基礎が築かれた。

元禄時代には、〈犬公方〉綱吉のもと、戦国の遺風「かぶき者」が一掃され、赤穂浪士の仇討ちが起こる。一方、井原西鶴の草子、近松門左衛門が戯曲を書いた人形浄瑠璃や歌舞伎、松尾芭蕉の俳諧など、町人文化が花開く。

原案執筆・高埜利彦

〈目次より〉

序章 寛永の大飢饉

第一章 村のしくみと生活

第二章 明暦大火と江戸の町

第三章 江戸の復興と家綱の政治

第四章 進む開発

間章 かぶき者の終焉

第五章 大老政治から綱吉専制へ

第六章 生類憐みと服忌令

間章 芭蕉・西鶴・近松

第七章 朝議復興と忠臣蔵

第八章 元禄の貨幣改鋳

 解説・高埜利彦

著者プロフィール

石ノ森 章太郎  (イシノモリショウタロウ)  (著/文

石ノ森章太郎

一九三八年(昭和一三)、宮城県生まれ。高校在学中に『二級天使』でデビュー後、一貫して日本漫画界の第一人者として活躍。代表作に『サイボーグ009』(講談社児童まんが賞)、『佐武と市捕物控』(小学館漫画賞)、『マンガ日本経済入門』、『マンガ日本の歴史』全五五巻(アジア漫画大会漫画アカデミー賞大賞)、『マンガ日本の古典1 古事記』など多数。一九九八年(平成一○)一月死去。

上記内容は本書刊行時のものです。