版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「価格」を疑え 吉川 尚宏(著/文) - 中央公論新社
..
中公新書ラクレ

「価格」を疑え なぜビールは値上がり続けるのか

新書判
216ページ
定価 820円+税
ISBN
9784121506221
Cコード
C1233
教養 新書 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月11日
最終更新日
2018年5月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-06-10 読売新聞  朝刊

紹介

あの値段を歪ませているのは誰だ!
ビールにバター、地下鉄運賃、携帯電話料金――。需要と供給の関係なく決められている価格が日本にはあり、消費者が「高い」と感じるその裏には大きな力が関与していると著者は主張する。それはつまり「官製価格」だ。総務省有識者会議の構成員である著者は、官製価格化こそが市場からダイナミズムを奪い、経済の停滞を招く元凶と警鐘を鳴らす。官製春闘、官製相場。官製化から脱却しないかぎり、この先日本に成長は無い!

著者プロフィール

吉川 尚宏  (ヨシカワナオヒロ)  (著/文

1963年、滋賀県生まれ。A.T.カーニー・パートナー。京都大学工学部卒、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、ジョージタウン大学大学院IEMBAプログラム修了MBA。野村総合研究所を経て、2009年より現職。専門分野は通信、制度設計や規制対応戦略など。総務省情報通信審議会のほか、周波数オークションに関する懇談会等の構成員として政策提言を行う。現在『週刊ダイヤモンド』などに記事連載。著書に『ガラパゴス化する日本』(講談社現代新書)など。

上記内容は本書刊行時のものです。