版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
戦後日本政治史 境家史郎(著/文) - 中央公論新社
..
詳細画像 0
【利用不可】

戦後日本政治史 (センゴニホンセイジシ) 占領期から「ネオ55年体制」まで (センリョウキカラ「ネオ55ネンタイセイ」マデ)

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
320ページ
定価 960円+税
ISBN
978-4-12-102752-8   COPY
ISBN 13
9784121027528   COPY
ISBN 10h
4-12-102752-3   COPY
ISBN 10
4121027523   COPY
出版者記号
12   COPY
Cコード
C1231  
1:教養 2:新書 31:政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年4月3日
最終更新日
2023年5月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-12-24 読売新聞  朝刊
評者: 橋本五郎(読売新聞特別編集委員)
2023-08-20 読売新聞  朝刊
2023-07-29 朝日新聞  朝刊
評者: 前田健太郎(東京大学教授・行政学)
2023-07-01 日本経済新聞  朝刊
2023-07-01 朝日新聞  朝刊
評者: 詫摩佳代(東京都立大学教授)
MORE
LESS

紹介

日本国憲法の枠組みのもと展開されてきた戦後日本政治。自民党と社会党のイデオロギー的対立は1960年の安保改定問題で頂点を迎える。以降、自民党は経済成長に専心して一党支配を盤石にした。80年代末以降は一転して「改革」が争点に。だが民主党政権を経て、第二次安倍政権以降は再び巨大与党と中小野党がイデオロギー的争点をめぐり対峙している。憲法をめぐる対立に着目して戦後を俯瞰し、日本政治の現在地を見極める。

著者プロフィール

境家史郎  (サカイヤシロウ)  (著/文

境家史郎
1978年、大阪府生まれ。2002年、東京大学法学部卒業。08年、東京大学博士(法学)取得。専攻は日本政治論、政治過程論。東京大学社会科学研究所准教授、首都大学東京法学部教授などを経て、20年11月より東京大学大学院法学政治学研究科教授。著書に『政治的情報と選挙過程』(木鐸社、2006年)、『政治学の方法』(共著、有斐閣、2014年)、『憲法と世論』(筑摩選書、2017年)、『政治参加論』(共著、東京大学出版会、2020年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。