版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
現代音楽史 沼野 雄司(著/文) - 中央公論新社
..
中公新書 2630

現代音楽史

新書判
288ページ
定価 900円+税
ISBN
9784121026309
Cコード
C1273
教養 新書 音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年12月5日
最終更新日
2021年1月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-02-20 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 栗原裕一郎(評論家)

紹介

長い歴史をもつ西洋音楽は、二十世紀に至って大きく転換した。シェーンベルクとストラヴィンスキー『春の祭典』に始まり、多くの作曲家が無調音楽、十二音技法、トーン・クラスター、偶然性の音楽……といったさまざまな技法・実験を繰り広げた。それ以前と異なる現代音楽の特徴として、政治や社会、思想、そして絵画など他の芸術分野との結びつきが強いことが挙げられる。音楽から二十世紀という時代を描き出す。

著者プロフィール

沼野 雄司  (ヌマノユウジ)  (著/文

沼野雄司

桐朋学園大学教授。1965年(昭和40年)、東京都に生まれる。武蔵野音楽大学音楽学部卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程修了。博士(音楽学)。東京音楽大学専任講師、助教授、桐朋学園大学准教授、米ハーバード大学客員研究員などを経て現職。専攻、20世紀音楽。著書に『光の雅歌 西村朗の音楽』(共著、春秋社、2005年)、『リゲティ、ベリオ、ブーレーズ』(音楽之友社、2005年)、『ファンダメンタルな楽曲分析入門』(音楽之友社、2017年)、『エドガー・ヴァレーズ=孤独な射手の肖像』(春秋社、2019年。吉田秀和賞受賞)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。