版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ふしぎな県境 西村 まさゆき(著/文) - 中央公論新社
..
中公新書

ふしぎな県境 歩ける、またげる、愉しめる

新書判
192ページ
定価 1,000円+税
ISBN
9784121024879
Cコード
C1225
教養 新書 地理
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年4月11日
最終更新日
2018年4月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-08-05 東京新聞/中日新聞  朝刊
2018-06-10 産經新聞  朝刊

紹介

人が定住し、村や町が出来ると、その間が境界となる。普通は山の尾根や川など、人の往来がまばらなところが境界になるが、ときどき謎の境界が存在する。県境も『延喜式』以来の歴史の中で、複雑怪奇なものが生まれた。ショッピングセンターを分断する県境、一村丸ごと飛び地の県境、幅1メートル×長さ8キロの盲腸県境……なぜこんな県境が生まれたのか、実際に現地に行ってみると何があるのか、地図と写真で案内。

著者プロフィール

西村 まさゆき  (ニシムラマサユキ)  (著/文

1975年、鳥取県倉吉市生まれ。1996年上京後、編集プロダクションに14年勤務。その後フリーライター。@ニフティ「デイリーポータルZ」などに参加。地図、地名、県境などに関する記事を執筆中。

上記内容は本書刊行時のものです。