版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
海の帝国 : アジアをどう考えるか 白石 隆(著/文) - 中央公論新社
...
【利用不可】

海の帝国 : アジアをどう考えるか (ウミ ノ テイコク : アジア オ ドウ カンガエルカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
縦180mm
218ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-12-101551-8   COPY
ISBN 13
9784121015518   COPY
ISBN 10h
4-12-101551-7   COPY
ISBN 10
4121015517   COPY
出版者記号
12   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2000年9月
登録日
2016年4月13日
最終更新日
2016年4月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「海のアジア」、それは外に広がる、交易ネットワークで結ばれたアジアだ。その中心は中国、英国、日本と移ったが、海で結ばれた有機的なシステムとして機能してきた。世界秩序が変貌しつつある今、日本はこのシステムとどうかかわっていくべきか。二世紀にわたる立体的歴史景観のなかにアジアを捉え、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイを比較史的に考察する。第一回読売・吉野作造賞受賞。

目次

第1章 ラッフルズの夢
第2章 ブギス人の海
第3章 よちよち歩きのリヴァイアサン
第4章 複合社会の形成
第5章 文明化の論理
第6章 新しい帝国秩序
第7章 上からの国民国家建設
第8章 アジアをどう考えるか

上記内容は本書刊行時のものです。