版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
KGBの男 ベン・マッキンタイアー(著/文) - 中央公論新社
..
単行本

KGBの男 冷戦史上最大の二重スパイ

四六判
536ページ
定価 2,900円+税
ISBN
9784120053108
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年5月7日
最終更新日
2020年5月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-08-08 朝日新聞  朝刊
評者: 保阪正康(ノンフィクション作家)
2020-08-01 日本経済新聞  朝刊
評者: 兵頭慎治(防衛研究所政策研究部長)
2020-07-25 毎日新聞  朝刊
評者: 佐藤優(作家、元外務省主任分析官)
2020-06-21 読売新聞  朝刊

紹介

本書は、伝説のロシア人エージェント、オレーク・ゴルジエフスキーについて、
本人インタビューやMI6関係者証言から、
その至難の諜報人生を克明に辿った英国発の世界的ベストセラーである。



1938年生まれのソ連KGBエリート将校が、共産主義の現実に幻滅し、
1974年にイギリスMI6の二重スパイとなる。
以後、その暗躍が20世紀後半の冷戦構造を決定的に変えることになる。



現在ゴルジエフスキーは、イギリスで24時間体制の警護を受けながら、名前も身分も偽った二重生活を送っており、
「彼は、私が今まで会った中で最も勇敢でありながら、
最も孤独な人間のひとりである」と本書の著者は記す。

著者プロフィール

ベン・マッキンタイアー  (ベン・マッキンタイアー)  (著/文

イギリスの新聞タイムズでコラムニスト・副主筆を務め、同紙の海外特派員としてニューヨーク、パリ、ワシントンでの駐在経験も持つ。著作を原作としてBBCのテレビシリーズが定期的に放送されており、番組ではプレゼンターも務めている。代表作に、『ナチが愛した二重スパイ』(高儀進訳、白水社)、『ナチを欺いた死体 英国の奇策・ミンスミート作戦の真実』『英国二重スパイ・システム ノルマンディー上陸を支えた欺瞞作戦』『キム・フィルビー かくも親密な裏切り』(以上いずれも小林朋則訳、中央公論新社)、『SAS:はみ出し者の英雄(SAS: Rogue Heroes)』(未訳)などがある。

小林 朋則  (コバヤシトモノリ)  (翻訳

翻訳家。筑波大学人文学類卒。主な訳書に、アームストロング『イスラームの歴史』(中公新書)、クリストファー・トールキン『トールキンのシグルズとグズルーンの伝説 〈注釈版〉』『トールキンのアーサー王最後の物語 〈注釈版〉』、ミクローシ『イヌの博物図鑑』(以上、原書房)など。新潟県加茂市在住。

上記内容は本書刊行時のものです。